27日深夜放送の「じっくり聞いタロウ〜スター近況(秘)報告〜」(テレビ東京系)で、ピン芸人のだいたひかるが、吉本興業のギャラにキレていたことを明かした。

番組では、だいたがゲストで登場し、自身の芸能生活を振り返っていた。だいたは当初ホリプロに所属し、フリーランスの期間を経て、吉本に移っている。

だが、吉本から支払われるギャラがあまりに低かったらしく、だいたは「(金額に)ちょっとムシャクシャする」「毎月、明細書破り捨ててたんですよ」と、当時抱いた怒りを明かしたのだ。なんでも、明細書を見ると「凄い強いお酒を飲んでしまう」ほどだったそう。

結局、だいたが自身で確認した最高月収は、2002年のお笑いコンテスト「R-1ぐらんぷり」初代王者に輝いた際の、賞金として受け取った100万円だということだった。

【関連記事】
和田アキ子が吉本興業のギャラ事情に言及「出す人には出してる」
藤本美貴が夫・庄司智春の稼ぎに呆れ「ウソでしょ?」「吉本に言った方が!」
加藤浩次 吉本興業のギャラの扱いに不満「僕に何%というのは非公開」