ボウリングで全てストライクを出すパーフェクトゲームは、一般プレイヤーにとっては夢と言えるだろう。

それを、わずか86.9秒でやってのけた男がいる。

N.Y.のボーリング場従業員

その人の名はベン・ケトラさん。米国ニューヨーク州コートランド市にあるボーリング場「281 ボウル」で働く23才だ。

彼は10本あるレーンをフルに使い、1投すると間髪入れず隣のレーンに移るというやり方でストライクを続けた。

Ben Ketola/YouTube

Ben Ketola/YouTube

Ben Ketola/YouTube

ケトラさんの投げ方は少々ぎこちなく見えるが、これは「両手投げ」という投法。親指はボウルの穴に入れず、リリースの直前まで両手でボウルを保持する投げ方で、回転がよくかかるため、世界トップクラスのプロボウラーにも「両手投げ」をする人がいる。

プロの記録を破るため

ケトラさんがやったような最速パーフェクトゲームについては、米国ボウリング協会に公式な記録は存在しない。

だが、2015年にボウラーのトム・ドウアティ選手がYouTubeにアップした動画の中で59.99秒という記録を出しており、ボウリング関係者の間ではこれが最速とされていた。ケトラさんはこの動画を見て、自分もやってみようと思ったそうだ。

「ある日、練習している最中に、自分も挑戦してみようと思ったんだ」

海外メディアにこう語るケトラさんは、練習で毎週最低でも50ゲームを投げているとのこと。アベレージは225。

1度目のチャレンジは失敗だった

上の動画は、4月10日に撮られたものだ。この日は、実は彼にとって2度目のチャレンジだった。1度目のチャレンジは4月1日に行なわれ、ストライクは7回連続が最高。12回連続のパーフェクトゲームとはならなかった。

今回成功をおさめたケトラさんは、海外メディアにこんな感想をもらしている。

「やっていて楽しかった。正直言って、パーフェクトになるとは思ってなかったよ。とにかく、どれだけ素早くレーンを移動しながらストライクを出せるかやってみたかったんだ」