国土交通省では、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、「燃費の良い乗用車のベスト10」と、「自動車燃費一覧」を公表しています。

今回、同省が発表した「軽自動車 ベスト10」で、JC08モード燃費37.0km/Lのスズキ「アルト」とOEM車のマツダ「キャロル」が1位にランクインしました。軽量化を徹底した新プラットフォーム採用により、60kgの軽量化を達成。

エンジンの圧縮比向上やEGRシステム採用に加え、吸気、排気系を新設計。低中速の動力性能を高めており、減速時のエネルギーにより発電・充電することで燃料消費を抑える「エネチャージ」や、停まる前からエンジンを止めて、ガソリンを節約する「新アイドリングストップシステム」の採用により、燃費性能を大きく向上させています。

3位には2015年6月にフルモデルチェンジしたスズキ「アルト ラパン」(35.6km/L)がランクイン。車両の軽量化に加え、アルト用の新エンジン、改良型副変速機構付CVT、エネチャージや新アイドリングストップシステムの採用により燃費を向上。

4位にはダイハツ「ミラ イース」(35.2km/L)と、そのOEMのトヨタ「ピクシス エポック」、6位にはスズキ「ワゴンR(モデルチェンジ前)」(33.0km/L)と、そのOEMのマツダ「フレア」がランクインしています。

8位にはスズキ「ハスラー」(32.0km/L)と、「スペーシア」、さらに両車のOEM版であるマツダ「フレア クロスオーバー」とマツダ「フレア ワゴン」がランクイン。

専用リチウムイオンバッテリーを搭載し、モーター機能付発電機(ISG)でエンジンをアシストする「S-エネチャージ」により、さらなる燃費の向上を実現しています。

こうしてみると、燃費性能ではOEM車を積極展開するスズキの圧勝といった状況になっており、ホンダや日産/三菱の軽自動車における燃費技術の向上が望まれます。

(Avanti Yasunori・画像:SUZUKI、国土交通省)

【関連記事】

国交省の低燃費ランキングで日産「ノート」が2位に!
http://clicccar.com/2017/04/08/461265/

国交省が燃費算定試験法を改正!「風洞法」を追加へ
http://clicccar.com/2017/04/08/460427/

元初代プリウス開発者が精査した三菱自動車の開発実態は?
http://clicccar.com/2016/08/04/390331/

スズキの報告から見えてくる燃費試験「惰行法」の課題とは?
http://clicccar.com/2016/05/22/372757/

国交省が2018年内に導入する新燃費基準「WLTP」とは ?
http://clicccar.com/2016/05/19/372611/

【関連リンク】

国土交通省
http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha10_hh_000180.html
http://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr10_000031.html

国交省の「軽自動車燃費ランキング」でスズキが上位独占!(http://clicccar.com/2017/04/09/461433/)