Doctors Me(ドクターズミー)- 《超悶絶級》死ぬかと思った歯にまつわるエピソード5選

写真拡大 (全6枚)

生活の中であまりの激痛やアクシデントに思わず「死ぬかと思った...」とつぶやいてしまうようなエピソード、ありますよね。 激痛と言えば歯に関する事故やケガが起きてしまうと、想像するのも怖いくらいの痛みが襲ってきそうです。 そこで今回は「死ぬかと思った歯の5つのエピソード」の応急処置や、治療方法などを歯科医師の彦坂先生に解説していただきました。

エピソード1:歯が根元から折れる


応急処置方法

神経の真ん中で歯が折れると痛みが出てくる場合があります。いち早く受診する必要があります。歯が完全に脱落していても再度くっつけることが出来る場合がありますので、歯科医院または救急病院に歯を持参するのをお忘れなく。 その際、歯を生理食塩水かなければ牛乳等につけて持ち運びます。歯を乾燥させたり、ティッシュ等でふき取ってしまうと歯が使える可能性は減ってしまいます。

歯科での治療内容

病院ではレントゲンや残りの歯の具合から歯の治療方法を判断します。
1:歯が根の先まで縦に割れてしまった場合 この場合は保存不可能となりますので、抜歯することになります。
2:歯が半分程度の位置で横に割れた場合 歯の根が使えそうな長さ残る場合には、神経の処置をしてから差し歯になります。
3:歯の頭の部分が少し折れた状態 歯の欠けた部分をレジンというプラスチック又はセラミックで修復します。(神経に炎症なく痛み等ない場合)
4:歯が完全に脱臼した場合 歯を再植し、固定する方法があります。歯が完全に抜け落ちても諦めずに早めの受診をお勧めします。 特に子どもの場合、歯に強い衝撃が加わった時に折れるより、抜け落ちる又は位置がずれることが多いです。受傷後、いかに早い時間に処置をするかで予後がかわるので、痛みが無くてもすぐかかりつけ医院に連絡しましょう。

危険性を歯科医の視点から解説

歯が抜けたり、折れた場合にはいち早い処置が必要です。痛みが無くて受診を先延ばしにすると、最悪歯を抜かなくてはならなくなってしまうかもしれません。 歯に強い衝撃を受けた場合、見た目は何ともなくても後々歯の神経が死んだり、歯の内部吸収が起きる場合もあるので専門医を受診しておくと安心です。

エピソード2:麻酔が効かないまま歯を削られる


麻酔が効いているかどうかの判断の仕方

1:しびれてきているかどうか 2:歯茎の周りを触っても感覚がないかどうか 3:少し削って痛みがないか

麻酔が効かない場合


1:歯に強い炎症が出ている 歯髄炎などによって、痛みが強く出ている場合や、何日も歯が痛くてその後受診した場合など、歯に炎症が出ている場合麻酔は効きにくくなります。
2:骨に厚みがある 男性の体格がいい方などは骨に厚みがあり、麻酔の浸透が遅い場合があります。 また、上の顎の骨より、下の顎の骨の方が骨が緻密なので麻酔が効きにくい場合があります。よって下の歯の方が麻酔が効きにくい場合が多いです。

危険性を歯科医の視点から解説

痛みを我慢して治療を受けるのは危険です。特に高血圧の方や、心臓疾患がある場合、痛みにより血圧が跳ね上がります。 我慢せず痛みがあることをしっかり伝えましょう。 自身の正常時の血圧や、持病、飲んでいる薬を歯科医院に伝えておくことも必要です。

エピソード3:何年も放置した虫歯


応急処置方法

むし歯の場合、風邪などと違い勝手に治癒することはありません。歯科医院で治療に取り掛かることが必要です。

悪化した場合に考えられる歯の疾患


1:根尖性歯周炎 歯の根の中が感染すると根の先に病巣が出来て顎の骨を溶かしてしまうものです。むし歯になっても症状が出ないまま進行することがあります。 根尖性歯周炎の場合、痛みが出ない場合もあるので定期的な健診が必要です。レントゲンで骨の中を確認し発見できます。
2:歯髄炎 むし歯が進行すると、神経に達します。神経に感染し炎症が出たものが歯髄炎です。急性歯髄炎になると激痛が走ります。歯の痛みやむし歯は放置しないに限ります。
3:二次うしょく 昔銀歯をかぶせたまわりや、なかにまたむし歯が出来るものを指します。放置すると銀歯のなかで見えないままむし歯が進行し、歯を抜かなければいけないこともあります。

歯科での治療内容

むし歯の治療を行います。

危険性を歯科医の視点から解説

むし歯を放置しておくのは大変危険です。口腔環境の悪化につながりますし、歯を失いかねません。 又、根尖にある病気が進行すると顎の骨を溶かし、隣の歯にも影響を与えます。 口腔内に虫歯菌が増加するため、小さな子供がいる場合、子どもに虫歯菌をうつしてしまうことにもつながります。

エピソード4:差し歯を飲んでしまった


応急処置方法

かかりつけの歯科医院でどの程度の大きさの差し歯を飲み込んだか確認する

悪化した場合に考えられる疾患

便として排出されずに消化器のどこかに引っかかってしまうリスクもあります。

歯科での治療内容

歯科医院では再び差し歯を作り直しますが、あまりに大きい差し歯を飲み込んだ場合には内科等へ紹介状をだし、レントゲンで差し歯は消化器等の臓器に引っかかっていないか確認する場合があります。

危険性を歯科医の視点から解説

差し歯が取れた場合、また差し込んで使う方がいますがこれは危険です。菌を歯の中に押し込み、むし歯を進行させてしまいます。

エピソード5:歯科矯正のワイヤーが刺さった


応急処置方法

矯正ワイヤーが外れてしまった場合、かかりつけ医院に受診しましょう。

悪化した場合に考えられる疾患

矯正ワイヤーが外れてしまうと、歯茎や粘膜にワイヤーが刺さったところから感染したり、歯を動かす力が加わらなかったりします。

歯科での治療内容

ワイヤーをつけ直します。ワイヤーが軟膜等に刺さった場合には消毒し感染等がないかの確認をします。

危険性を歯科医の視点から解説

矯正ワイヤーが外れたときに無理に自分で処置しようとすると、矯正装置が壊れたり、矯正の力が正常に伝わらなかったりします。

まとめ

歯は痛みの神経が非常に過敏なので、アクシデントを起こしてしまうととても痛い目にあってしまいます。 長らく歯医者さんに行っていない方は、これを機に検査だけでも行かれてはいかかでしょうか。 (監修:歯科医師 彦坂実な美)