特設サイト「プリッツの気持ち」

写真拡大

11月11日は日本記念日協会の認定を受けた「ポッキー&プリッツの日」。その名のとおり、ポッキーとプリッツの記念日であるにも関わらず、この日はポッキーばかりが注目を集め、今年も10日から「ポッキーの日」がTwitterのトレンドになっている。この現状にプリッツの不満がついに爆発。11日限定でオープンした特設サイト「プリッツの気持ち」に不満や愚痴を赤裸々に投稿した。


11月11日を迎えたプリッツは、「私、プリッツにとって、一年で一番つらい日のはじまりです。」と冒頭からネガティブ全開。その後も、「ポッキー&プリッツの日」なのにポッキー一色になる世間、「ポッキー&プリッツの日」のTwitterアカウントや広告にポッキーしか登場させないグリコへの不満をぶちまける。特に、ギネス世界記録を目指すキャンペーンで公式が「ポッキーをつぶやいて!」とアナウンスしたことを根に持っているようで、「いっそのこと、グリコ公式で、『11月11日は、ポッキーの日』にしてしまってはいかがでしょうか」と苦言を呈している。


また、ポッキー“じゃないほう”のプリッツは、お笑いコンビ「バイきんぐ」の小峠“じゃないほう”の西村と“じゃないほう”対談を実施。最初は愚痴をこぼしていたプリッツだったが、西村が「なんて日だ!!!!!!」と、なぜか相方のネタを披露するのを見て少しは気持ちが晴れたようだ。


1963年生まれで53歳のプリッツは、1966年生まれで50歳のポッキーよりも3歳年上の先輩。不遇なプリッツ先輩も「#プリッツがんばって」とつぶやいてあげると前向きになれるもしれない。


ポッキー&プリッツの日 プリッツの気持ち


ポッキー&プリッツの日 プリッツの気持ち


ポッキー&プリッツの日 プリッツの気持ち


ポッキー&プリッツの日 プリッツの気持ち


ポッキー&プリッツの日 プリッツの気持ち


特設サイト「プリッツの気持ち」