「むしろ、それが魅力!」茨城県の4年連続最下位に、前向きな声が続々

写真拡大 (全3枚)

魅力最下位という「茨城県」への評価に対する、世間の反応が変わってきている。

茨城県、4年連続で魅力最下位

ブランド総合研究所は19日、「地域ブランド調査2016」の結果を発表した。

「ブランド総合研究所」ニュースリリース

都道府県の魅力度ランキングで「北海道」が8年連続で1位に。最下位は4年連続で「茨城県」だった。

茨城の魅力は北海道の7分の1?

「認知」や「魅力」「情報接触」や「観光意欲」「居住意欲」など77項目についてインターネットで調査した結果、茨城県の魅力度は7.7ポイント。

1位北海道(54.2ポイント)のおよそ7分の1だ。

ネット上には「魅力がないのが魅力」という声

茨城県が4年連続で魅力最下位になったのを受けて、ネット上には多くの反響がよせられている。

落胆する声もあるが。

こんな意見も。

他にも「茨城はむしろそれが魅力だって!」など、前向きな意見が多く投稿されていた。

「のびしろ日本一」としてPR

実は茨城県は魅力最下位をネタに、「のびしろ日本一。いばらき県」としてPR活動を行っている。

「のびしろ日本一。いばらき県」HP

2015年には人気芸人が多数出演するPRムービーを作製・公開。

その効果か、認知度や情報意欲度などが高まっており、魅力度は昨年5.9ポイント→今年7.7ポイントに上昇。

ネット上には「最下位じゃなくなったら困る」「順位が上がって、茨城の魅力がアピールできなくなるのは怖い」という意見が投稿されている。