【実は社畜以下!?】フリーランスあるある40選

写真拡大

インターネットが発達したことで、在宅でも仕事ができる環境も整ってきた近年。そこで増えてきたのが、特定の企業や組織に所属せず働く「フリーランス」というスタイルだ。

別名・個人事業主。聞こえがよく、自由を手にしたように思われるところだが、その実態は意外と苦しかったりするもの。今回は、そんなフリーランスにありがちな “あんなことやこんなこと” を40個お届けしたい。

【フリーランスあるある40選】

その1:締切という言葉が怖い
その2:収入が安定せずジェットコースター状態
その3:恐怖の税金
その4:どこへ行ってもとにかく領収証
その5:確定申告が面倒
その6:夜でも営業中
その7:気がついたら夜型生活
その8:乱れ続ける生活サイクル
その9:毎日が日曜日のつもりだったのに毎日が金曜日
その10:知らない番号でも電話に出る
その11:こまめにメールチェック
その12:仕事相手との信頼関係が超大事
その13:自分の担当さんが変わると寂しい
その14:忙しい時に限って仕事が来る
その15:できる依頼は絶対に断らない
その16:目に見える結果が出ると超嬉しい
その17:振込日にお金が入るまで安心できない
その18:ギャラの話は切り出すタイミングが難しい
その19:他人のギャラが気になる
その20:スーツを着ると緊張する
その21:仕事中に他へ脱線すると戻れない
その22:仕事やらなきゃ……と思うがやらない
その23:気がついたら “今日1日何もやってない” という衝撃的な日がある
その24:連休が来ると不安になる
その25:というか将来がとにかく不安
その26:常に戦闘できる状態は保つ
その27:基本的に運動不足
その28:ご近所さんの目が気になる
その29:インターネットがないと生きていけない
その30:命の次にパソコンが大事
その31:オシャレから遠ざかる
その32:自然と独り言が増える
その33:周囲から「家で仕事するっていいね」と言われるがそうでもない
その34:誰とも話さない日がある
その35:まともな声が出なくなる
その36:新しい出会いがない
その37:実は相当孤独な仕事
その38:職業を聞かれ「フリーです」と答えたら無職と勘違いされる
その39:良くも悪くもすべては自分次第
その40:気楽だけど不安

……以上だ! キツいことだらけで人生詰んでいるじゃないかと思われるかもしれないが、結果が出れば嬉しいのがフリーランスでもある。最終的にすべては自分次第。向き不向きもあるかもしれないが、おもしろい世界なのは間違いない。

執筆:原田たかし
Photo:RocketNews24.

この記事をロケットニュース24で読む