ギャ〜!大事な衣類についた「食べ物汚れ」を真っ白にする洗濯テク

写真拡大

外出先での食事の際、ミートソーススパゲッティやカレーなどを食べることもありますよね。その時、何らかの拍子に食べ物が飛び散り、洋服についてしまった……。こういう時に限ってお気に入りの洋服を着ていて、「大ショック!」という経験は、子どもに限らず大人もあるのではないでしょうか。

そこで今回は、主婦の味方『WooRis』ライターの筆者が、『WooRis』の過去記事なども参考にしながら、衣類についてしまった“食べ物汚れ”がしっかり落ちる洗濯法をご紹介します。これを知っておけば、お気に入りの洋服を汚してしまっても、気落ちすることはないですよ!

 

■手順1:大きな汚れをやさしくふき取る

まずは、大きな汚れをやさしくティッシュなどでふき取りましょう。その時に、汚れを落とそうと、いきなり叩いてしまうと、かえって汚れが広がってしまうので要注意です! やさしくふき取るのがポイントです。

なお、外出先での応急処置については、まずは大まかな汚れをぬぐう、次に乾いたティッシュを裏側にあて、ぬれたティッシュで染みの周りからたたく、など3つの手順で『WooRis』の過去記事「あっ、たたいちゃダメ!応急処置“外出先での衣類汚れ”を落とす3つの手順」に詳しく紹介されています。

 

■手順2:食器用洗剤をたらす

ここからは、自宅に帰ってからの作業です。まずはクッキングシートやティッシュペーパーなどを、汚れを落としたい衣類の下に敷きましょう。それから、普段お使いの“食器用洗剤”を食べ物汚れの部分に十分にたらします。

「え、食器用洗剤で落ちるの?」と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。というのも、一般的な食器用洗剤には“界面活性剤”が配合されており、これによって油などの汚れを乳化・分散して落としてくれるから。したがって、衣類についてしまった食べ物汚れにも「食器用洗剤が使える」ということになるのです。

より効果を高めたい方は、食器用洗剤に“重曹”を1:1の割合で混ぜたものをたらしてみてもいいかもしれませんね。

 

■手順3:歯ブラシでやさしく叩く

食器用洗剤をたらしたら、次は、使い古しの歯ブラシでやさしく、垂直に叩きましょう。ここでも強い力でゴシゴシ横にこするのはNG! 繊維が毛羽立つなど、衣類が痛んでしまいます。

汚れが落ちてきたら、適当なところで洗濯機で洗いましょう。

 

■手順4:汚れが残っていたら“液体の酸素系漂白剤+重曹”のぬるま湯に

洗濯機で洗ったのち、まだ少し汚れが残っているということもあるかもしれません。その場合には、“酸素系漂白剤+重曹”を1:1の割合で混ぜたものを、人肌程度のぬるま湯に溶かし、該当の衣類をつけ込みましょう。

1時間くらいそのままにしておき、それから洗濯機で再び洗えば、食べ物汚れがすっきり落ちているはずです!

 

以上、衣類についた“食べ物汚れ”をすっきり落とす洗濯テクニックをご紹介しましたが、いかがでしたか?

小さなお子さんがいらっしゃる家庭では、特に起きやすいケースだと思います。これを知っておけば、食べ物汚れも怖くないですね! ご参考にしてみてください。

(ライター 大宮つる)

 

【関連記事】

※ いつ洗濯した?「汚れたカーテン」であなたの健康も運気もダダ下がりに

※ 真っ白!「うわばき・靴下の黒ずみ」をスッキリ落とす洗濯法4つ

※ 「いじめらるれる子」ってどんな子?共通する特徴と親ができる対処法

 

【Specialコンテンツ(PR)】

※ 成功者続出!ホンモノの水素水を使ったエイジングケアって

※ お鍋で作れる!? 夏バテ気味な身体にうれしい簡単「パエリア」

※ 昔は軽い女…!? 男性が幻滅する「乳首の黒ずみ」を解決する方法とは

 

【姉妹サイト】

※ 夫メロメロ…あなたも絶対できる!最強「愛され妻」の特徴5つ

 

【画像】

※ topnatthapon / Shutterstock