20日放送の「水曜日のダウンタウン」(TBS系)で、ダウンタウン・松本人志らが戦慄するゲストが登場した。

番組では、覆面レスラーのスーパー・ササダンゴ・マシンが「本当に一番滑舌が悪いプロレスラー 前田日明説」を検証した。前田の名前が出ると松本はすぐに「怖!」と一声あげ、ケンドーコバヤシも「これは怖い」とつぶやく。スーパー・ササダンゴ・マシンは前田日明が怖いからこれまでイジられなかったのだと言う。するとスタジオに前田本人が登場したのだ。

前田が現れると、座っていた出演者たちは全員起立し、直立不動に。松本は前田の登場に「怖い、怖い」「あり得ないと思うてたから」と驚きの表情を隠せない。全員が座り直したところで、前田が自分の滑舌について語った。

ところが、その言葉が不明瞭で出演者たちは肩をふるわせる。それに気付いたダウンタウン・浜田雅功が「お前ら、シバくぞ、ホンマに」と迫ると、松本は緊張感に耐え切れなくなったか「いっそ、シバいてくれ」と開き直ってスタジオを笑わせた。

その後、前田の過去のVTRを見ながら何と話しているか当てされるクイズが行われた。ところが2問とも誰も正解しない。前田もクイズに間違ってしまった。だが、前田は当時「何を話しているかわからない」とよく言われ、「自分で勢いを付けてしゃべるようになった」のだと、自身の話法について説明した。

前田の言葉に共演者らは「わかる」と共感する。松本も「だったら大丈夫ですよ」と太鼓判を押した。そしてスーパー・ササダンゴ・マシンが「謝罪して訂正させていただきます」といい、本人の前で説を引っ込めることになった。そして「本日は事実と異なる説を長い時間かけて検証してしまいまして、本当にみなさんご迷惑をおかけいたしました。ホントすみませんでした」と頭を下げる。

ところが、スーパー・ササダンゴ・マシンのカメラの方をみての謝罪に納得がいかなかったのか、前田が「こっちを向いて言いなよ、こっち向いて」と向きを変えさせる。スーパー・ササダンゴ・マシンが再度「本日は、本当に申し訳ございませんでした」と頭を下げたところで、前田が「じゃあ」と彼の頭をつかんで頭突きを一発。ゴツッっという鈍い音がし、スーパー・ササダンゴ・マシンが倒れると、スタジオでは悲鳴と拍手が巻き起こっていた。

【関連記事】
松本人志が女流棋士・竹俣紅のポケモンGOへのコメントに感心「絶好調やな」
松本人志 8.6秒バズーカーの現在に驚き「生きてるかどうかもわかんない」
浜田雅功 藤林温子アナウンサーへの発言にピー音が入る事態