鳥は「基本的な文法」を理解できる:研究結果

写真拡大

セキセイインコとキンカチョウは、異なる音の抽象的な関係性、すなわちごく基本的な文法を理解できることがわかった。これは推論する能力に近く、非常に限られた種にしか見られないスキルだという。

「鳥は「基本的な文法」を理解できる:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

セキセイインコとキンカチョウは、ごく基本的な文法を理解できる高度な抽象的思考をもつことが確認された。

オランダ・ライデン大学の研究チームが、鳥にある音の組み合わせを覚えさせ、その後、別の音を聞かせたところ、鳥たちは初めて聞いた音でもその関係性を理解できることがわかったのだ。

『Proceedings of the National Academy of Sciences(PNAS)』誌に掲載された論文によれば、ライデン大学のミシェル・スプリングズとキャレル・テン・カテは、録音した鳥の鳴き声を編集し、2つの鳴き声(XとYとする)からなる組み合わせを2つつくった。1つは「XYX」、もう1つは「XXY」の順で音が並んでいる。鳥たちはそれらを聞き、XとYの鳴き声に対応するセンサーをくちばしでつつくよう訓練された。

次に、別の鳴き声を編集し、鳥たちが聞いたことのない鳴き声を2つつくった(AとBとする)。それらを使って、訓練に使用した鳴き声と同じ順番(ABAとAAB)の組み合わせをつくり鳥たちに聞かせた。

するとどちらの種も、訓練で覚えた知識を使い、新たにつくられた2つの鳴き声を区別したのだ。「人間の幼児」と同等の文法を理解する能力をもつことが示されたと、研究チームは結論づけている。

RELATED

どちらの種も「文法の基礎」を理解してみせたわけだが、その方法は異なる。キンカチョウは鳴き声に含まれる音の要素の位置に注意を払い、その順番が変わったことに気づいた。一方、セキセイインコは鳴き声の全体構造を把握し、構造が異なる2つの鳴き声を区別したという。

今回の研究は、言葉をもたない動物でも、文法の規則性を発見できる可能性があることを示唆している(研究チームは、物事の間の抽象的な関係性を認識できる能力は推論する能力に近く、こうしたスキルは非常に限られた種にしか見られないと論文で述べている)。

鳥が「抽象的な思考」をすることを示した研究はほかにもある。2016年に発表された研究によれば、ワタリガラスは、自分が見張られていることを想像できるという。こちらも、人間にしかできないと考えられていた高度な思考だ。

この研究では、近くののぞき穴が開いている場合と閉じている場合で、ワタリガラスの餌を守る行動に違いがあるかどうかを観察した。その結果ワタリガラスは、のぞき穴が開きほかの鳥に見られていると思ったときにだけ餌を守り、のぞき穴が閉じているときは餌を守らなかったという。