16日、米大統領選挙候補者のドナルド・トランプ氏が破竹の勢いを見せているが、そのトランプ氏と同名の企業が中国に存在している。資料写真。

写真拡大

2016年3月14日、米誌フォーリン・ポリシーによると、米国では大統領選挙の候補者指名争いが佳境を迎えており、共和党では不動産王のドナルド・トランプ氏が破竹の勢いを見せているが、そのトランプ氏と同名の企業が中国に存在している。16日付で中国紙・参考消息(電子版)が伝えた。

中国広東省深セン市の創普実業有限公司は2002年に創業、「便座の衛生問題を完全解決する」という世界初の自動回転式便座カバーを販売している。この企業はドナルド・トランプ氏とは何の関係もないが、「トランプ」と「創普」はともに「Trump」と表記し、同名となっている。

なお、創普実業の社名には「創造的な製品を普(あまね)く広める」という意味がこめられているとのことだが、中国のネット上ではドナルド・トランプ氏は創普(チュアンプー)にかけて、読みがよく似ている「川普」と呼ばれている。(翻訳・編集/岡田)