「しょうが焼き」がやわらか〜くなる簡単なコツ3
【キレイになるお家ごはんvol.12】⇒Read in English http://joshi-spa.jp/459379

 健康・美容に良い和食を、世界中の人が誰でもカンタンに作れるよう、レシピにまとめました。ヘルシーにするコツを楽しく学びながら、日本の家庭料理を楽しくマスターしましょう!

◆どんな時も元気になる王道メシ『しょうが焼き』

 定食屋の超人気メニューと言えば、「しょうが焼き」。甘辛いタレが食欲をそそりますが、ショウガの新陳代謝促進と豚肉の疲労回復効果が合わさり、健康効果も抜群です。実はこのメニュー、何も考えずに焼くと、肉が硬くなってしまいがち。冷めてもやわらかい極上の仕上がりにするために、3つのコツを覚えましょう。

(1)「ロース」ではなく「肩ロース」を使う。

 しょうが焼き用として売られている「ロース(左)」は、きめ細やな肉質が特徴ですが、水分が飛びやすく硬くなりやすいのが難点。そこでオススメしたいのが、「肩ロース(右)」。赤身の中に適度に脂肪が入っていて、ロースよりも扱いやすく、濃厚な旨味とコクを堪能できます。

(2)すじ切りをする。

 赤身と脂身の間には筋(すじ)があり、それが加熱によって硬い壁となって、肉がそり返ってしまいます。筋にあらかじめ数カ所切り目を入れることで、見た目と食感が良い仕上がりに。

(3)塩分、糖分の入った調味料で下味をつけない。

 塩やしょうゆなどの塩分は、浸透圧により肉の水分を外に出してしまいます。また、糖分はこげやすい原因になるので、両者とも最初から加えるのはNG。下ごしらえには、肉をやわらかくする酒とショウガ汁だけを使いましょう。

◆材料(2人分)

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=459414

・豚肩ロース塊 300g
・酒 大さじ2
・ショウガ汁 大さじ1
・しょうゆ 大さじ1.5
・みりん 大さじ1.5
・ショウガすりおろし 大さじ1
・油 大さじ1
・生野菜(キャベツ、レタス、トマトなど) 適宜

◆作り方

1)豚肉の塊を5〜7ミリの厚さに切り、すじ切りをしてバットなどに広げ、常温で酒とショウガ汁に漬け

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=459420

2)味付け用のタレとして、しょうゆ、みりん、ショウガすりおろしを合わせておく。

3)フライパンをあたため、油をひいて肉を焼く。豪快にじゅわっと音を立てるのではなく、ホットケーキのように優しく焼くことをイメージする。最初は中火。肉の表面に水分が出てきたらひっくり返し、弱火にしてもう片面をじっくり焼く。最後にタレを回し入れ、丁寧にからめながら1〜2分焼く。

4)皿に生野菜をたっぷり盛り合わせ、焼き上がった肉を並べれば完成。

<TEXT,PHOTO/スギ アカツキ>
【スギ アカツキ】
東大卒の食文化研究家。長寿美容食研究家。在学中に基礎医学や生命科学を学ぶ。さらにオーガニックや久司マクロビオティックを学び、独自で料理研究をはじめる。モットーは「長く美しくを、簡単に」。忙しい現代女性に合わせた健康メニューが得意。ヨガ教室や人気ブログ(http://saqai.com/)も手がけている。