福島の甲状腺がん発生率50倍…岡山大大学院の津田敏秀教授が警告

ざっくり言うと

  • 岡山大大学院の津田敏秀教授の発表した論文に衝撃が広がっている
  • 福島県内の甲状腺がんの発生率が国内平均の「50〜20倍」に達していたという
  • さらに津田氏は、今後患者数が爆発的に増える可能性も示唆している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング