張本勲氏が「喝」連発を遠慮か「入れるとね、文句がくるのよ」

写真拡大

19日放送の「サンデーモーニング」(TBS系)で、張本勲氏が「喝」を入れることに遠慮していることを明かした。

番組の人気コーナー「週刊御意見番」には、阪神OB会長の川藤幸三氏がゲスト出演し、今週行われたスポーツのシーンについて張本氏と「あっぱれ」や「喝」で評価しながら振り返った。

この日、両氏はプロ野球、陸上、フェンシング、大学ボクシングなどの試合に「あっぱれ」を連発していた。

その状況が気になったのか、川藤氏が「あっぱれ」のシールが何枚も貼られたボードを指さすと、「張さん、これ何?『あっぱれ』ばっかりやん」と指摘した。

すると、張本氏は「『あっぱれ』が多いのよ。『喝』入れるとね、(視聴者から)文句が来るのよ〜」と困ったような表情で説明したのだ。これには司会の関口宏も「遠慮してんだ!?」と驚きながら尋ね、張本氏は「遠慮しますよ!」と素直に認めていた。

これまで数々のスポーツ選手やプレーを辛口発言でバッサリと斬ってきた張本氏だが、最近は意外にも発言に気をつけているよう。スタジオの出演者らからは、張本氏の発言に大きな笑い声があがった。

その直後、張本氏が大相撲名古屋場所7日目で新大関・照富士を破った大関・豪栄道にあっぱれを付与すると、川藤氏は「またアッパレ?」と呆れたような感想をこぼしていた。

【関連記事】
土田晃之 張本勲氏のなでしこジャパン批判を一蹴「サッカー知らない人」
張本勲氏がなでしこジャパンに苦言連発「2番は意味がない」
張本勲氏が村田兆治氏と意見が真っ二つに割れるも反論せず