沖合たこかご漁業の試験操業の様子(写真提供:福島県)Excite Bit コネタ

福島の魚を守る「試験操業」技術 安全のため毎週モニタリング検査を実施

ざっくり言うと

  • 福島の魚介類への放射線物質の影響を調べるため、毎週検査が行われている
  • 検査した魚のうち100Bq/kgを超えたのは約1割だが、その割合は徐々に低下
  • スズキやヒラメなど、定着性の強い魚は、今でもやや高い傾向だという

ランキング