格闘家・高須将大さんの今年4月に開設したブログ 「余命3ヶ月だった男」が、反響をよんでいる。今年29歳の高須さんは、24歳の時、肝臓がん「ステージ4」であることが判明。これまで2度再発し、4度の手術を行った。闘病中もリングに立っていた高須さんは、現在最後の治療を終えて2年半。3ヶ月に一度の定期検査では毎回緊張するが、「がんになってなかったら、格闘技をやめていたかもしれない」と笑う。高須さんがそう語る背景には、