中国ではフィットネスクラブの従業員が経営者に対して、給料の未払いに抗議して労働争議を起こすケースが増えており、今年だけで少なくとも40件の抗議デモなどが行われていたことが明らかになった。フィットネスクラブをめぐる労働争議は今年に入って急激に増加しており、昨年は15件、一昨年はわずか1件だった。この背景には中国の都市住民の健康志向の高まりに伴い、フィットネスクラブが乱立し、経営計画がずさんなまま出店