大阪地検によると、護送車両から逃走した被告は手錠がきついと申告し、事務官が片方の手錠を外した後に暴れ、自らドアを開けた。