AppleはApp Storeからウイルス対策アプリをすべて排除してしまうかもしれません。
 
今のところ公式コメントがAppleから発せられた事実はないものの、海外メディアの9to5macは、同社はIntego社がリリースしていた「VirusBarrier」というiOS向けアプリなどをApp Storeから削除しており、この方針は同アプリ等だけでなく、ウイルス対策アプリのカテゴリ全体に波及する可能性のあるものだと報じています。

ウイルス対策アプリの中には効果のないものも

現在のところ、ウイルス対策アプリと検索すれば、まだ多くの検索結果が表示される状態です。Appleがこうしたアプリを削除する方向で進むのか、真偽のほどは不明なものの、ウイルス対策アプリの中には「モバイルの安全性」を謳いながらウイルス対策効果のないゲームアプリや、中には「iPhoneを探す」アプリをコピーしたようなアプリも存在するようで、こうした事実を重く受け止めているのではないか、と見られます。
 
なお、今回報じられているウイルス対策アプリ削除の対象は、iOSデバイス向けのApp Storeのみで、Mac App Storeは対象でないとも報じられています。
 
近年はiPhoneを含むスマートフォンに関しても、ウイルス感染が確認されていることから、セキュリティ対策自体は必要なように思いますが、Appleとしては問題なしとの判断なのでしょうか。
 
 
参照元:9to5mac
執 筆:クロス