6日放送、TBS「ジョブチューン〜アノ職業のヒミツぶっちゃけます!」では「バレーボール全日本女子SP」と題し、今月23日からイタリアで開幕する「2014世界バレー」に出場する眞鍋政義監督と選手12名が出演した。

すると番組の冒頭から「眞鍋監督に不満がある?」と訊かれた12名は全員YESの札を挙げる。

キャプテン木村沙織が「世界一を知ろうということで姫路合宿があった時に姫路城に行った。(眞鍋監督が)姫路出身で姫路の観光大使っていうのもあって姫路城に行ったかは分からないんですけど、ちょっとビジネス的なところも入ってるのかな」と口火を切ると、選手達は次から次へと不満を口にした。

「最近どこ行っても記念撮影ばかりしている。選手のためでもなく完全に自分の思い出作り。(眞鍋監督の「チームを結束するために選手と一緒に写真を撮った」という釈明に)いつもワンショットです」(木村)。

「試合中、ベンチから指示を送ってくれるんですけど試合会場は声援もすごい大きいので監督が何言ってるのか全く聞こえない」(山口舞)。

「監督はあまり大声で怒ったりはしないんですけど、私にだけ言い方がキツイ」(江畑幸子)。

「4年前の世界バレーの時に比べると監督は今ふっくらされている。いつも美味しいところとか高級なところに行かれているのかな」(中道瞳)。

「監督はえこひいきして、いっぱい喋りかける選手と全然話しかけない選手がいる。私はどっちかと言うとあんまり話しかけられない」(石井優希)。

「結構なお年なんですけどイタズラ好き。私は見たんですけど、リュックの紐をパイプ椅子にくくってスタッフがリュックを背負おうとした時に椅子も一緒についてきた」(石井)。

「練習用のバックを置いてるんですけど、部屋に帰ってシューズとか出す時に大量のペットボトルの蓋が入ってた」(木村)。

「新戦術があってその名前をハイブリッド6って名付けたんですけどよく分からない。カッコつけなくて、もうちょっと・・・」(石井)。

本人を目の前にしながらも、選手達から不満の集中砲火を浴びせられた眞鍋監督。山口の発言には「今6年目ですけど初めて知りました」と驚いたが、中道の“ふっくら発言”については「高級レストランなんて行ってません。確かに少し体重増えましたけど、これには理由がある」と反論も――。「今日いいですか?ぶっちゃけて」と前置きした眞鍋監督は「女性の集団、疲れきってます。ストレスです。キツイですよ。私はサファリパークの園長だと思ってますから」とまさに“ぶっちゃけた”が、そんな眞鍋監督と選手達の間には何でも言い合える風通しのよさが感じられた。