【ファンキー通信】『ジャンプ』と腐女子の密接なカンケイとは!?

写真拡大

 日本男児のバイブルと言っても過言ではない、週刊『少年ジャンプ』。『ドラゴンボール』や『幽遊白書』、『スラムダンク』など数々の大ヒット作品を誕生させてきたこの漫画誌に、ある変化が訪れているらしい。ウワサによると、最近読者層に腐女子と呼ばれる人々が増えてきているという。

 いったいジャンプ作品のどの部分に腐女子たちは萌えているのだろう? 「『ジャンプ』大好き!」と豪語する、ひとりの腐女子にお話を伺ってみた。

 「男性のキャラクター同士をくっつけて遊ぶ・・・俗に“カップリング”と呼ばれるものがあるんですが、『ジャンプ』の作品にはその“カップリング”を発想させる作品が多い。カッコイイ男の子がたくさん出てくる作品ほど、“カップリング”に適していると言えます」(21才 腐女子)

 なるほど。確かに彼女たちに人気のある『銀魂』や『BLEACH』、『D.Gray-man』には個性豊かで美形な男性キャラクターたちが数多く登場する。『ジャンプ』が腐女子に支持されるのには、それなりに理由があったワケだ。

 『ジャンプ』と比較されることの多い『マ●ジン』や『サ●デー』にも、男性キャラクターがたくさん登場する作品はある。しかし、あくまでそれは男性読者に向けた存在であり、野郎色が強いというか、汗臭そうというか・・・そういったところが腐女子的にNGらしい。

 そもそも『ジャンプ』が腐女子に人気を博すようになったのは、たくさんの美少年が登場する『テニスの王子様』という作品がきっかけだったという。同作品はアニメ化に伴い、声優によるイベント開催やキャラクターのCDデビューなど、各方面で様々なアプローチを実施。その結果、メインターゲットである男性読者以外にも、多くの女性読者を獲得することに成功した。

 2006年1月時点での『ジャンプ』の発行部数は281万部。『マ●ジン』や『サ●デー』よりも売れているとはいえ、発行部数自体は年々減少している。腐女子は、その人気を支える「屋台骨」なのかもしれない。(安田明洋/verb)

■関連リンク
【ファンキー通信】腐女子(ふじょし)の瞳に恋してる!? - 腐女子を紹介した記事
腐女子 | 銀魂 | BLEACH | D.Gray-man - ウィキペディアによる解説■関連サイト
ジャンプ連載最新部数
『銀魂』スペシャルコーナー
BLEACH〜ブリーチ
D.Gray-man - -POP WEB JUMP-