キャンプ好きの女性、同僚女子達とキャンプして「もう行かない」と誓ったワケ

 コロナ禍で加速したアウトドアブーム。大人数のイメージが強いキャンプですが、一人気楽なソロキャンプの方が合っているな…と後悔したある女性のガッカリキャンプエピソードをお届けします。

◆同僚と初めてのグループキャンプへ

 お話を聞いたのは莉子さん(仮名・26歳)、もともとソロキャンプが趣味の女性です。父親の影響でキャンプが好きになり、テントや調理道具も父親から譲り受けたものを使っているそう。

「いつも会社の同僚4人でランチをするんですよね。ある時、趣味の話で盛り上がってキャンプのことを話したんです。そうしたら、みんなすごく興味を持ってくれて…『休日キャンプとか、憧れる!』『楽しそう』って言われて嬉しくて。だから、そんなに難しくないし一緒に行こうよって私から誘いました」

 ランチ仲間の同僚3人をキャンプに誘ったという莉子さん。実はそれまで、友人と複数人でキャンプをしたことはなかったそうです。いつも通りやれば大丈夫だろうと思い、莉子さんは特に道具を買い足すこともなく手持ちのもので行くことにしました。3人は基本的な道具の購入を勧めたそうです。場所は神奈川の秦野。1カ月後の連休に1泊2日で予定を組んだそうです。

◆キラキラな様子の同僚に不安…

 キャンプ当日。莉子さんの車と同僚の車一台に荷物を積んで、乗り合わせて向かう予定だったそうです。集合場所に集まると、何やらばっちりコーデを決めた集団が。よく見ると、同僚3人は高級ブランドのアウトドアファッションに身を包んで莉子さんを待っていたそうです。

「想像していたのと何か違うぞ、とその時思ったんです。私は普段通りの動きやすい服装で、あまりおしゃれも意識していなかったから肩身が狭くて。でも帰るわけにも行かないし、そのまま合流しました」

 いざ、道具を積み始めると、ブランド物ばかりで量が多かったそうです。車2台がパンパンになってしまうくらい、不要なものも多かったとか。

「一番びっくりしたのはデコレーションライトですね。いわゆるインスタ映え女子だったんですよ」と莉子さんは苦笑します。

◆文句たらたらな女子たちにうんざり

 昼頃キャンプ場に到着し、テキパキと設営を始めた莉子さん。しかし、車から降りるなり3人は文句を言い始めたというのです。揚げ句の果てには各自持ってきたテントの準備ができず、莉子さんに全てやらせる始末でした。

「『暑い』とか『汚いし、虫が多い』とか、キャンプって普通そういうものなのに文句ばかり言われて疲れました」

 夜は持ち寄った食材でBBQ。肉や野菜など基本的なものを持ってきた莉子さんに対し、同僚の食材はやはり映えを意識した高級食材ばかり。キャンプなのにヒモで縛ったローストビーフや高級ワインをなど、調理中にも食材をメインにした自撮り大会で莉子さんは困惑してしまったそうです。

「食後、雑談していてもついていけない話ばかりで…アウトドアブランドのギアやファッションとか、それも値段とかおしゃれさの自慢話ばかりで頭が痛くなりました。最初の内は話に参加していたんですけど、後半からは黙ってしまいました」

 莉子さんはキャンプで見る星空も醍醐味だと思い、星の名所を選びましたが、デコレーションライトで星が見えないという悲しいキャンプになってしまったそう。

◆もう行かないと誓ったグループキャンプ

 週明け初出社の昼休み、莉子さんが3人のところに行こうとすると、投稿した写真がSNSでバズったと大騒ぎする声が。社内でも話題になったようで、周囲に鼻高にキャンプを語っている3人。莉子さんは自分の席で昼休みをとったそうです。

「また4人でいつもみたいに雑談できたら楽しかったんですけどね。近づいてきた3人がキャンプにまた連れて行って欲しいばかりいうので、適当にお茶を濁してその場を去りました。最近、どうやって3人のリクエストをごまかすかに必死です(笑)」

 莉子さんは安易に人を誘った自分に後悔しているそう。何事も、大人数が楽しいわけではないですよね。皆さんも自分に合ったアウトドアをお楽しみください。

―シリーズ「レジャー・アウトドアでゲンナリした話」―
<文/浅川玲奈 イラスト/zzz(ズズズ)@zzz_illust>

【浅川玲奈】
平安京で生まれ江戸で育ったアラサー文学少女、と自分で言ってしまう婚活マニア。最近の日課は近所の雑貨店で買ってきたサボテンの観察。シアワセになりたいがクチぐせ。