パチンコ業界最大のタブー「くぎ曲げ」問題。立て続けに逮捕者が出た裏事情

写真拡大

◆くぎ曲げはパチンコに必須だが違法

 11月7日に宮城で、翌々日の9日には京都でと、行政によるホールの摘発が相次ぎました。容疑は風営法違反の未承認変更、くぎ曲げです。パチンコにおいて“くぎ”は入賞率の良し悪しを左右するものであり、これを「曲げる=調整する」ことは出玉の管理、つまりは営業面で必要不可欠なもの……というのが業界内での常識。多くのホールで日々行われている店長などの管理者にとっては当たり前の仕事でもあります。

 そんな日常業務で摘発されたとしたらすべてのホールが対象になってしまい、「業界自体が成り立たなくなる可能性もあるのでは」と思う人もいるでしょう。でも実際には、そうはなりません。

 くぎは稼働している間はつねに玉が当たり続けることで、徐々にではありますが自然と曲がっていきます。となると本来の形、現状では納品段階の状態ではなくなってしまい、これはこれで本来の形と違いますから違法状態とされる怖れがあるわけです。

 そこでメンテナンスとして元の形に戻すための、くぎ調整が必要になってきます。行政側はこれについては特にあれこれ言いませんが、メンテナンス=利益調整のためのくぎ調整については厳しい姿勢で臨んでいるわけで……。今回のニュースは、改めてそのことを業界に示したと言えるのではないでしょうか。

◆くぎ曲げとソープランドは同じ次元の話か

 パチンコ業界と同じく、風営法に関わる業種としてソープランドがあります。これも現実的にはあんなことやこんなことが行われていますが、あくまで自由恋愛という「たまたま客と嬢がその場で恋に落ちてしまった」という建前で黙認されていますよね。だからといって「行政側として完全に認めているわけではない」ということを示すためなのか、定期的に管理売春で摘発しています。

 くぎ調整も同様で、メンテナンスという建前で黙認しつつも、あまりに目に余るようだとしっかり摘発して押さえつけておく。警察行政は風営法だけではなく、例えば道路交通法関連でも現場の判断で少々のスピード違反は見逃してくれたりと、悪質性やその場の状況などで柔軟に法規を運用しているなという印象です。

◆規則ではくぎをどう扱っているのか

 そもそも規則において、くぎは「概ね垂直」という曖昧な表現しかありません。だから見た目で明らかに曲がっているものは一発アウトだとしても、微妙な角度ではどこまでが概ねなのか判断がつきかねるもの。新台導入時には行政による検査が行われますが、遊技台の製造番号をチェックして終わりということがほとんどです。

 でも一部の担当官は角度を計る器具を持参して厳密にチェックすることもあり、そんな担当官がいる地域ではあっという間にホールの間で情報が共有され、通常は閉店後の納品直後に行うくぎ調整を開店前の検査後にするなんて話もあります。

◆パチンコメーカーが作る「くぎ確認シート」とは

 そのような検査官にとって、もっと明確で利便性の高いツールになっているのが「くぎ確認シート」でしょう。これは旧規則機(CR機)時代の後半、2010年代半ばから型式試験時と営業時で遊技機の性能が異なるとして、メーカー側によるくぎ曲げが問題となったタイミングから導入されたもの。ざっくり言うと型式試験は大当り出玉の割合が少なくなるようなくぎに調整し、実際の営業時にはその逆の性能になるようにしたものですが、大々的な遊技機の撤去など業界的には大騒動となりました。

 それまでは新台が納品、設置されたらメーカーや販売会社の担当者が営業くぎに打ちかえるのが慣例でしたが、そういった作業もこれをきっかけにぱったりとなくなり、同時に本来の性能を担保したくぎの状態を確認できるようなシートも付属されることに。担当官がこのシートを盤面の該当部分に当てたとして、ちょっとでもずれていたら即アウトになるだけに、ホール側も日々のメンテナンスでは慎重に扱っていることと思います。