血液型で新型コロナの重症化に差?「AB型はO型の1.6倍」と研究発表

ざっくり言うと

  • 研究から、血液型でコロナの重症化リスクが異なる可能性があると分かった
  • 最も重症化リスクが低かったのがO型で、A型とB型はO型の1.2倍
  • そして、AB型は最も重症化リスクが高く、O型に比べると1.6倍になるという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x