左上から時計回りに坂上忍、恵俊彰、加藤浩次、宮根誠司

写真拡大

「この番組ではニュース、ワイドショーを一切扱いません」

【写真】3月に終了する『 グッとラック!』MC立川志らくが“坊主頭”の妻とツーショット

 3月29日から始まるTBSの新しい朝番組『ラヴィット!』(月〜金朝8時)について、チーフプロデューサー・小林弘典氏がそう宣言した。報道番組ではなく、視聴者の日常が今より楽しくなる情報を笑いとともに届ける“バラエティー番組”にするという。

 来月に現在放送中の『グッとラック!』(TBS系)、そして22年続いた『とくダネ!』(フジテレビ系)が終わりを迎え、新たな番組に生まれ変わることに視聴者の期待も高まっている。

多いわりには嫌われ者な
ワイドショー

 現在、平日昼間の番組を見てみると『大下容子ワイド!スクランブル』(テレビ朝日系)、『ひるおび!』(TBS系)、『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)……など、ワイドショー・情報番組がとにかく多く、朝から夕方まで続く。

 だが、正直どれも内容は似たり寄ったりで、視聴者からは「つまらない」「くだらない」「いらない」という辛辣な声が聞こえてくる。SNSでも、番組を楽しむ声よりも、MCやコメンテーターの発言などに対する批判の声の方が圧倒的に多い。

 また連日のコロナ報道で、“煽りすぎ”と言う意見もあり、これらをきっかけにさらにワイドショーや情報番組が嫌いになったと言う声も。

 いつからこの類の番組は「嫌われ者」になってしまったのだろうか。

「今ではワイドショーではなく、頑なにワイドショーと言わずに情報番組と言い張る局もある。なぜなら“ワイド”じゃないから。今は取り扱う情報がどこも似ています。コロナと天気と、最近ではオリンピック? くらい。『週刊文春』によるスクープ“文春砲”が出たときはそれに乗っかって報道することもありますが、独自のゴシップネタとかもやらなくなった。それを考えたら、そもそもワイドじゃないんですよね」

 そう話すのは、コラムニストの吉田潮さん。多くのワイドショー・情報番組がニュースをメインとしているが、ひと昔前は違ったという。

「例えば20年くらい前は、芸能、ゴシップ、スキャンダルというのがメインディッシュだったはず。でも10年くらい前から芸能界ネタが少なくなった気がします。ネット社会になったというのも大きいのかなと。ネットには細かい情報が山ほどある。裏どりができてない情報だったり、ガセネタもあるけど、とにかく活発じゃないですか。誰でも書き散らすことができるネットがメインカルチャーになってしまったので、そこに裏どりが必要になるテレビは、スピード的にも抗えない。

 あとはゴシップなんてどうでもいいという高貴な人々が増えたのかな(笑)。私は下世話な人間なので、芸能系もどんどんやればいいのにって思いますが、世の中はそういう感じでもないんですね」

人畜無害で特徴なし
改善の鍵を握るは“女性”?

 受け手側が変わってきたこともあるが、出演陣の“体質”にも変化が。最近は強い発言をすれば叩かれ、発言しなければ忖度していると言われる始末。

「”MCやコメンテーターも言えないことが増えたり、そもそも意見を言わない人が増えましたよね。今は毒舌とか、そういうのも受け入れられない傾向にある。だから“毒”を吐く人もいないし、みんな当たり障りのない、害のない人ばかり。なのでどこも特徴がないんです。人畜無害だらけのワイドショーって、どうですか?(笑)。

 今、毒舌といえば坂上(忍)さんくらいじゃないですか。他番組がえげつなさを捨てていく中で、『バイキングMORE』だけはその方向でいこうぜって。ある意味、プライドを持ってやってると思う。昔はそういう、えげつなさや、毒ある発言も楽しみの一つでしたが、今はそれがウケる時代ではなくなってきたんだと思います」

 実際、600人に聞いた「嫌いな司会者」アンケート(『週刊女性』2月2日号)では、『バイキングMORE』の坂上忍がぶっちぎりで1位だった。

 そんな中、『とくダネ!』のあと番組で3月29日から始まる『めざまし8』のMCに選出されたのは、谷原章介。それについて、吉田さんはこう深読みする。

「ここで谷原さんを持ってくるあたりが、世の中、毒舌を求めてないってことじゃないですか。爽やかで穏やか。声だけ聞いてても、何となく“いいことを言っている”感じがする。でも、中身があることを言うかは別。だって芸能人の話はしづらいでしょうからね。例えば俳優が薬物で捕まっても、同じ俳優として当たり障りのないことしか言えないでしょうし。となると、他番組同様、あまり芸能ニュースも取り扱わなくなるのかなと思います」

 ひと昔前より、MC、そしてコメンテーターの顔ぶれも随分変わった。特に最近では、コメンテーターを務める芸人も増え、まさかフワちゃんやロンドンブーツ・田村淳など、バラエティーを得意とする芸人がニュースを扱う番組に朝から出演するなんて、思ってもなかったのではないだろうか。世間からは「ワイドショーに芸人はいらない」という批判的な声も少なくないが……。

「芸人さんの中でも、一歩抜きん出たコメント能力を発揮する人もいるじゃないですか。カズレーザーさんとか、ちょっと前はオリエンタルラジオの中田(敦彦)さんとかは頭もいいし、コメンテーターとしてはよかったんじゃないですかね。だから私は一概に芸人がダメってわけでもないと思う。どこの番組も同じようなネタを扱って、テレビ業界に盾をつかない人ばかり使っていたら、それこそつまらなくなるわけですから」

 ではワイドショーに、足りないもの。それはいったい何なのか。

「女性がメインの番組って少なくないですか? 大下(容子)さんの番組くらいで。コメンテーターにいる、弁護士の萩谷麻衣子さんとか、脳科学者の中野信子さんは、聡明で非常に理論的、多少の毒を盛り込みながらも、私はこう思う、といった形で主張もできる。でもそういう女性はいつもサブポジションなんです。和田アキ子さんや上沼恵美子さんとか年配の方でもなく、ミドルエイジの女性がメインを張る番組が増えたら、新しいし面白いのかなって思います」

 東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗前会長の女性蔑視発言が問題視され、女性の活躍の場が見直される昨今。ワイドショーに新たな風を吹き込む“キー”となるのは女性か、それともーー。