米ロサンゼルスにあるボイド葬儀社のオーナー、キャンディー・ボイド氏(2021年1月14日撮影)。(c)Patrick T. FALLON / AFP

写真拡大

【AFP=時事】従業員用の休憩室に遺体が1体、車庫にも防腐処理を施した遺体が何体か──米ロサンゼルスで家族で経営しているボイド葬儀社(Boyd Funeral Home)は、新型コロナウイルスで亡くなった人々の遺体であふれ、創業して初めて葬儀の依頼を断るようになった。

「先週末、余裕がないために16家族の依頼を断った」とオーナーのキャンディー・ボイド(Candy Boyd)氏は話す。「残念だが、今は大体そんな状況だ」

 ロサンゼルスでは新型ウイルスの感染が広がっており、同葬儀社がこの2週間に送り出した死者の約80%の死因は、新型ウイルスだった。

 米国で2番目に人口が多いロサンゼルス市では、これまでに10人に1人が新型ウイルスに感染し、先週は1日当たりの死者が300人近くに上った。

 ボイド葬儀社の受付では電話が鳴りやまないが、多くの場合、誰も応対しない。手が回らなくなったスタッフは電話受け付けを諦め、今は、葬儀を希望する人々に対し、直接足を運んで順番待ちをしてほしいと伝えている。車で1時間以上離れた他の郡からも、何とかして葬儀を行ってほしいという家族からの電話がかかってくる。

 多くの病院の遺体安置所も満員で、地元の検視官らは冷蔵トラックに遺体を収容し、一部の墓地では埋葬が2週間待ちになると呼び掛けている。

「状況はますます手に負えなくなっている」とボイド氏は言う。

 AFPが今週取材で訪れた際、ボイド葬儀社の受付の奥にある従業員用休憩室には、小さな花輪をのせたひつぎが置かれていたが、運び込まれたのは1週間前だった。

「この部屋は従業員が昼食を取る場所だが、ひつぎを置くスペースを確保するために使用せざるを得なくなった」とボイド氏。「当社で葬儀は行っているが、墓地の方で(埋葬が)滞っている」として、「埋葬する時間の余裕ができるまで、ここで預かっておかなければならない」と続けた。

【翻訳編集】AFPBB News■関連記事
世界のコロナ死者、200万人超える AFP集計
コロナ死者で遺体安置所が満員に、冷蔵車166台配置 米加州
【解説】コロナ変異株 分かっていること・いないこと