後輪が外され道端に捨てられた一台の自転車。その傍らの壁には少女が自転車のタイヤをフラフープ代わりに遊ぶ様子が描かれている。「バンクシー」が17日、自身のインスタグラムに写真を投稿したこの壁画は、イギリス中部・ノッティンガムに登場し、地元の人たちの注目の的となっている。イギリスメディアによると14日には発見されていてすぐに地元自治体によりカバーで保護されたという。
 
 バンクシーはこの作品のタイトルや背景についてコメントしていない。ただ、道端に捨てられた自転車が作品の要素の一つとなっていることから、環境問題や大量消費社会に対する風刺や皮肉との見方もある。(ANNニュース)