画像は、マクドナルドのアプリより

写真拡大

 10月から始まるPayPayの新キャンペーンは「超PayPay祭」である。この還元キャンペーンの狙い目は「マクドナルド」と「自転車」だと、筆者は断言する。とりあえずこの2店舗を念頭に置けば、十分な額のポイントが得られるはずだ。

 この記事では来月に向けた事前学習という意味で、超PayPay祭の内容を追っていこう。

◆マクドナルドで高額還元

 超PayPay祭(10月17日開始)は、指定された店舗での還元キャンペーンである。従って、どの店でも普遍的な還元が発生するというわけではないが、何かと足を運ぶ機会の多い店舗が還元の対象になっていたりする。

 そのひとつが、マクドナルド。モバイルオーダーを介した利用で、10%分のポイントが発生する。Yahoo!プレミアム会員の場合は20%だ。付与上限は500円/回、2000円/期間となっている。この「2000円/期間」は無視できない数字ではないか。筆者はYahoo!プレミアム会員だが、期間中に1万円までの注文をマックでできるということだ。もっとも、今の筆者ではそんなに食べられないが。

 ただしこの還元は、あくまでも「モバイルオーダー限定」である。これはマクドナルド公式アプリをインストールすることにより利用できるものだ。

◆モバイルオーダーを使ってみよう

 モバイルオーダーの最大の特徴は「待ち時間を省ける」という点だ。

 アプリで事前に注文し、その後に来店する。ユーザーが移動している間に調理されているから、結果として待ち時間が生じない仕組みである。注文したいメニューと受け取り店舗、喫食手段をアプリで指定する。位置情報機能とも連携しているから、最寄りの店舗を即座に把握することも可能だ。

 この記事を執筆している9月末の時点で、マクドナルド公式アプリとPayPayは紐付けできない。ではなぜキャンペーンが行われるかというと、10月にPayPayとの連携が開始されるからだ。なお、このモバイルオーダーは店内喫食、テイクアウト、パーク&ゴー(駐車場受け取り)に対応している。

◆「PayPayで自転車を買う」という選択

 もうひとつ、サイクルベースあさひでの還元について触れてみたい。サイクルベースあさひも超PayPay祭の対象店舗に指定されている。こちらの還元率は5%、付与上限は5000円/回・期間となっている。文字で書けばあっさりしているが、これはなかなか興味深い内容だ。

 サイクルベースあさひで10万円のスポーツサイクルを購入したら5000円分のポイントがもらえるということだから、充実感としては決して小さくないはず。この機会に自転車を買い替える、というのも悪くない判断だ。<取材・文/澤田真一>

【澤田真一】
ノンフィクション作家、Webライター。1984年10月11日生。東南アジア経済情報、最新テクノロジー、ガジェット関連記事を各メディアで執筆。ブログ『たまには澤田もエンターテイナー』