「ボイコットジャパン」にはプレステやニンテンドースイッチも組み込まれている

写真拡大 (全5枚)

「あつ森」を17%引きで購入できる電話イベントに、1時間で56万件も殺到

『独立運動はできずとも、不買運動は実践する』――。昨年7月から始まった韓国の日本製品不買運動に賛同する韓国人の間で流行った言葉だ。日本製品を買わないことを、命をかけて日本帝国に抵抗した朝鮮独立運動にたとえたものだ。とはいえ、「プレイステーション5」の予約販売は一瞬のうちに終了するなど、日常生活は日本製品と無縁ではありえず、選択的不買という苦肉の策を講じている。

【写真】有名アスリートの「反日」 話題を呼んだ姿とは

 この1年間、韓国人らはあたかも自国を救う偉大な業績を立てるかのように、ユニクロやGU製品の不買運動を実践した。

「ボイコットジャパン」にはプレステやニンテンドースイッチも組み込まれている

 が、ユニクロの韓国運営会社や店舗で働いている自国民の労働者らを失業させ、GUを韓国から完全に撤退させている。

 また、仁川市の繁華街で、日本車であるレクサスを壊すパフォーマンスを行い、「日本製車を不買する」と叫んだものの、韓国のトヨタやホンダなど、日本車メーカーで働いている韓国人が経済的な被害を受けたのは言うまでもない。

 皮肉なことに文在寅(ムン・ジェイン)政府の外交部長官の康京和(カン・ギョンファ)の夫をはじめ、主要政府高官数十人が日本車を利用しているという事実が明らかになったが、注目はされなかった。

 そしてまた、韓国にある日本の飲食店までもが不買運動のターゲットになった。

 韓国産業通商資源中小ベンチャー企業部所属の国会議員の発表によると、昨年8月末から9月初頭にかけて、韓国の日本飲食店の売上げは約82%も減少した。

売れまくるニンテンドースイッチ

 もちろん打撃を受けるのは韓国人店主らだ。

 韓国政府は100億ウォン(約9億円)の税金を投入して韓国人店主に支援金を支給したが、弱り目に祟り目で、今度は新型コロナの蔓延で休業を強いられるようになる。

 ともあれ、独立運動をするのか、自国民を殺そうとするのか、理解できない事象が噴出したわけだ。

トヨタには乗らないが、パパラッチの私にはソニーのカメラは絶対必要だ

 もっとも、昨年のように日本製品不買運動を実践している韓国人は、そう多くないように見受けられる。

「あつまれ どうぶつの森」韓国版を購入するために並んだ人たち

 もちろん、政府と韓国メディアでは不買運動を続けるためのキャンペーンを行いつつ、「選択的不買運動」の動きが広がっている。

「選択的不買運動」は、日本製品不買運動に賛同したくとも代替できる商品がなく、日本製が唯一の場合、日本製品を選択的に購入するという意味だ。

 仕方がないとも言えるが、表向きはプライドを守るふりをするだけの、恥ずかしい自己正当化とも言えるだろう。

「選択的不買運動」の事例は、韓国ニュースやインターネットコミュニティでもよく目にする。

『ユニクロ製品を購入しないが、新型コロナウイルスで中断した〈ワンピース〉を見たい』
『トヨタには乗らないが、パパラッチの私にはソニーのカメラは絶対必要だ』
『日本産ビールは飲まないが、任天堂のゲーム機は朝から列に並んででも買う』

 などは、「選択的不買運動」の代表例と言える。

韓国社会に溶け込む日本のゲーム

 そしてそれは、11月12日に発売予定の「プレイステーション5」(以下、PS5)の販売予約でも行われている。

 ソニー・インタラクティブエンタテインメント・コリア(SIEK)は9月18日、PS5のオンライン上での予約販売を開始した。

 しかし、オープンと同時に予約が完了し、さらに大半のPS5販売サイトに同時アクセスが集中し、サーバーがダウンする事態が起こった。

 掲示板には、PS5の第2次予約販売日程を問い合わせる恨み節が書き込まれるほど過熱している。

 韓国メディア「アジア経済」はこのようなPS5予約販売の爆発的人気について、「選択的NO JAPAN」と指摘。

それでも反日不買を叫び続ける

 この記事のコメントには、「不買運動は個人の自由」「口だけで実践する不買運動」といった皮肉な意見も見られた。

任天堂韓国法人の売上高、営業利益、純利益はいずれもアップ

 日本のゲームメーカー製品が、韓国人の「選択的不買運動」として愛されるケースは珍しくない。

 今年7月、任天堂韓国法人が発表した2019年4月から2020年3月31日までの実績によると、売上高は2305億ウォン(約200億円強)、営業利益126億ウォン(11億円強)、純利益97億(約9億円弱)ウォンだった。

 前期に比べ、売上高は36・6%、営業利益68・3%、純利益16・5%増加している。

 日本製品不買運動の打撃は全く受けていなかったのだ。

 ニンテンドースイッチ「あつまれどうぶつの森エディション」が発売されて以来、韓国ではこの製品を購入するために予想以上の争奪戦が起こった。

 新型コロナに感染するリスクを省みず、売り場には朝早くから長蛇の列ができた。

 その努力の甲斐なく、36万ウォン(約3万2000円)という高価なゲームマシンは在庫切れとなり、手ぶらで家に帰る事例がニュースで何度も紹介された。

 新型コロナ流行により、中国にある生産拠点での操業が停止したため、部品供給が円滑にいかず、生産量が急激に減ったのだ。

 そこで韓国の中古品取引コミュニティには、「あつまれどうぶつの森エディション」を50万ウォン(約4万5000円)以上の価格で販売するという書き込みも登場した。

 また6月には、韓国のモバイルショッピングモールで、「あつまれどうぶつの森エディション」を17%引きで購入できる電話イベントを開始すると、問い合わせの電話が1時間に約56万件も殺到した。

 応募できたのは1万2261人で、割引特典を獲得できたのはわずか10人だった。

 こうした人気の中、今年4〜6月のニンテンドースイッチの販売量は9万964台を記録、前年同期比106・4%にもなった。

それでも自らは熱心に不買運動を続けている錯覚に陥っている

 任天堂が日本製品であることを韓国人は知っているにもかかわらず、「選択的不買運動」をしっかりと実践しているのだ。

 販売者と購買者の自由を抑圧してまで始めた日本製品不買に耐え切れず、選択的不買という皮肉な状況を作り出し、それでも自らは熱心に不買運動を続けている錯覚に陥っている。ややこしい状況だ。

 河野太郎行政改革担当大臣は2019年8月21日、外務大臣当時の日韓外相会談の直前、韓国人取材陣に向かって「これは(このカメラは)キヤノン、それはニコンだ」と言及したことがある。

 当時、韓国政府やメディアから強い不満をぶつけられたものだ。

 しかしながら、ひょっとすると河野氏は日本製品不買運動が始まった時点ですでに、韓国人たちが「選択的不買運動」に手慣れていることを知り、これを指摘したかったのかもしれない。

 だとすれば、今度はまた別の質問をしてみる番だ。

『独立運動はできなくても、PS5とニンテンドースイッチは諦められないのか』

韓永(ハン・ヨン)
検察担当記者を経て現在フリー

週刊新潮WEB取材班編集

2020年9月25日 掲載