主人公の一人・椿を演じる横浜流星(時事通信フォト)

写真拡大

 和菓子の老舗を舞台にした復讐劇『私たちはどうかしている』(日本テレビ系、水曜22時〜)が話題だ。エキセントリックな登場人物たちが繰り広げる愛憎劇に、熱狂的なファンが増えている。ドラマオタクを自認するエッセイストの小林久乃氏もその一人だという。

 * * *
『私たちはどうかしている』(以下『わたどう』)を、どうかしているように楽しみにしている。昭和のドラマ放送では当たり前だった、大映系、昼ドラ系のドロドロさ。そして唐突な展開の連打は、見ていて全く飽きない。ただの趣味趣向からの推しではあるけれど、そこに男女が抱える「パートナーが見つからない(泣)」という永遠の問題の解決策を見出した。

椿の“どM”ぶりから見えた男の可愛らしさ

 老舗和菓子屋・光月庵の後継者、高月椿(たかつき・つばき/横浜流星)は肉親からの愛情には一切恵まれないまま育ち、家に逆らうように、初めて会った花岡七桜(はなおか・なお/浜辺美波)を結婚相手に決めてしまった。これは、将来自分だけの城=店を築きたい、という彼の反発心からだったように思う。ちなみに七桜は、かつて母に着せられた汚名を晴らすために、偽名を使い光月庵に潜り込んでいる。

 椿は孤高の人である。ドラマを見ている限りでは友人の姿はないし、心を許せる存在は今のところ七桜のみ。彼は『光月庵』の後を継ぐため、常に和菓子のことだけを考えていて、ついには「あんこは自分を写す鏡だ」と、セリフで豪語していた。

 あんこにはタイマンで向き合うことができるのに、人にはどう接したらいいのか分からず、つい冷たい対応をしてしまう。そんな椿の態度を見ていると、明らかに“どS”の印象が強い。でも勘のいい視聴者なら察している人もいるはずだが、椿は“どS”と見せかけて“弱い男”であると私は思う。

 その現れとして、七桜と一夜を共にした第四話あたりから彼女に対する対応が顕著に優しくなっていく。バックハグをはじめとする、スキンシップの回数も増えた。今は隠しているけれど、もし七桜が自分の子どもを身篭っていると知ったら、大手を振って喜ぶだろう。ハマったら最後、心を溶解させた相手には(他人に)見せたことのない自分を大公開する、強がる割には“弱い男”なのだ。実は私もこのタイプなので椿の気持ちが痛いほどわかる。

市場を変えることから、新しい恋は始まる

 話は一転するが、パートナーを探している世の女性には、この椿のような“弱い男”に注目してほしい。私がこれまで、周囲の適齢期と言われる女性から聞き続けてきた悩みは「いいと思った男性は、だいたい既婚者」である。でもその悩みの根源を辿ると、自分の理想の条件を低くしなかったり、それから競争率の高い恋愛市場ばかりを狙っていたりする傾向が強い。マッチングアプリだってそんなに代わる代わる登録者も現れない。この悩みを解消するのではないかと期待できるのが、椿タイプの“弱い男”の存在だ。

 昭和、平成、令和と3つの元号を眺めて感じるのは、男女問わず働くことに対するポテンシャルが年々アップしていること。分かりやすくいうとIT系企業の立ち上げ社長や、個人事業主といった群れない働き方が増えつつあり、企業に頼る生き方が減っている。オタク化して、自分のために働く男がめっちゃ増えていると私は思うのだ。周囲を見渡しても、仕事は完璧なのにパートナーがいない男性は……かなり存在している。……ターゲット層はここだ……!

 ドラマ『電車男』(2005年)の主人公・山田剛司(伊藤淳史)や、『逃げるは恥だが役に立つ』(2018年)の津崎平匡(星野源)をイメージしてほしい。オタク系の男性は女性と関わることが少なく、誰かを好きになったらひたすら真面目に自分に尽くしてくれる(はず)。令和の今、仕事オタクの“弱い男”は(たぶん)量産されていて、チャンスは自分が気づかないうちに広がっているのではないか。

 つまり、ほんの少し視座を変えることで椿のような“弱い男”はいる、と認識をして今週末は居酒屋にでも出かけてほしい。ビジュアルが横浜流星という条件だけはクリアできないと思うけど、そこそこの働きマンであなたの登場を待つ“弱い男”はマジでいる。今までは、つい求めがちな一般的な男のモテ条件に惑わされていただけなのだ。

 さて『わたどう』。そろそろ七桜が身バレをして、物語は後半へ進む。姑の嫁いびり、親の仇討ちに、息子の恋心など全ての展開が唐突に押し寄せてくるのを「トンチキだなあ」と楽しんでいる。そう、この作品は真剣なトンチキだからこそ魅力的なのだ。そこにふと見えた、新モテ要素に注目しながら椿の弱さを引き続き見守りたい。

【プロフィール】こばやし・ひさの/静岡県浜松市出身のエッセイスト、ライター、編集者、クリエイティブディレクター。これまでに企画、編集、執筆を手がけた単行本は100冊以上。女性の意識改革をライトに提案したエッセイ『結婚してもしなくてもうるわしきかな人生』(KKベストセラーズ刊)が好評発売中。