「損害300万円弁償しろ!」何かとお金にうるさい“大阪”の暴力団の実態 から続く

 新宿歌舞伎町の通称“ヤクザマンション”に事務所、そして大阪府西成に居を構え、東西のヤクザと向き合ってきたからこそ書ける「暴力団の実像」とは――著作『潜入ルポ ヤクザの修羅場』(文春新書)から一部を抜粋する。

◇◇◇

同和地区の団地に入居

 同和地区の団地に潜り込めたのも、クレームをきっかけにした出会いからだった。山口組を絶縁になった組員の兄弟分が、その窮状を救うために一肌脱ぎ、自分の親分に頼み込んで団地の一室を用意したのだ。本来、この地域の人間しか入居する権利がないのに、暴力団の一声で部屋があてがわれた。私はそれに便乗した。

 部屋は元山口組組員とシェアーだった。その元組員が、のちに歌舞伎町のヤクザマンションに押しかけてきた人間だ。

 家賃と光熱費、合計1万5000円近くは、きっちり半分支払った。退去するときには礼金も渡した。親分を数回取材し、40万円程度の原稿料を稼いだからである。現金で渡すのもためらわれたので、質屋で買ったロレックスをプレゼントした。感謝の意ではあったが、同時に後腐れがないよう考えたからでもあった。


©iStock.com

 同和地区の団地は鉄筋コンクリートの4階建てで、ベランダに後付けのシャワールームが設置されていた。高校生まで風呂なし2DKの道営住宅で暮らしていたため、地元に戻ったような気持ちで、ほとんど違和感はなかった。北海道という同和問題がほとんどない地域で育ったためか、感覚がずれていたかもしれない。しかし、外部の人間がみても、説明がない限りここが同和地区であることなど分からないだろう。

 団地での暮らしは快適だった。地区の飲食店で食った飯は安くてうまかった。湯船に浸かりたいときは銭湯に行く。料金は通常の半額以下である。

同和地区では暴力団と住民が共存している

 驚いたのは、暴力団と住民の距離が圧倒的に近いことだ。町内会の事務所にしょっちゅう顔を出し、会議に出席するばかりか、バザーや旅行などの行事にも積極的に参加する。というより、実質的な仕切りを暴力団がしていた。彼らは住民の代表なのだ。さすがにいまはもうないだろうが、祭りの際、山口組の代紋が入った法被を着ている5歳くらいの女の子がいた。そんな子供が御輿を担いでいるのに、誰もそれを気にしない。

 団地に住むある幹部は毎月1度、自分を中心とした懇親会を開いていた。会を仕切るのは小学校からの同級生で地元の土建業社長だった。これに昔からつるんでいた仲のいい後輩たちが加わる。後輩たちもまた、多くの職人を使う土木建築業の会社を持っている。

 懇親会は基本的に幹部の姐さんが経営するスナックでの飲み会だが、ときにはゴルフコンペになったり、釣りに出かけて温泉宿で一泊するときもあった。馬鹿騒ぎをして楽しむ――幼なじみたちの集まりは、基本的に友達同士の遊び仲間だ。

 ただ彼ら昔の不良仲間たちにとって、本職の暴力団となった幹部は、一般人なら躊躇する暴力的な世界に生き、抗争を経験し、何度も刑務所にぶち込まれ、様々な意味で憧憬の存在として存在する。

暴力団員を支援する地域住民

 仲間内から出た幹部を、ヤクザ社会で名の通った男にしようと地元の幼なじみが団結し、これを支援するようになる。この段階で具体的な見返りは特にない。あえていうなら、暴力団と一緒に行動することで、その特権――繁華街を肩で風を切って歩いたり、周囲を威圧する優越感を味わったり出来るということだろう。あとは成長を支援することで得られる精神的な充足感だ。精神構造はファンクラブに近い。

 同級生たちは懇親会の常連から、月に1万〜3万円程度の会費を集めて渡し、幹部に会社を経営するようアドバイスし、姐さんのスナックに通い詰めていた。甲子園が行われれば野球賭博をして、幹部が胴元になる。これで暴力団は特段働くこともなく、月に20万〜30万円程度の定期的な収入を得られる。

 地縁をベースにした支援グループが成長する過程で、元請けゼネコン業者が参加したり、異業種の社長が混じったりしながら、暴力団員個人を支える強力な基盤となっていくこともある。こうした関わり合いの中では、暴力団は警察が言うほどの害悪ではない。とりあえず、懇親会に参加しているカタギの社長たちにとっては善人であり、よき隣人である。暴力団を内部に抱え込んだ経済同盟が大きく成長すれば、暴力団員は他団体から自分たちを守る用心棒としても機能する。

指定暴力団は地元経済と切り離せない関係性だった

 懇親会の大きさは個々の暴力団のカリスマ性や人柄に左右される。地縁ベースだから隣近所の付き合いが希薄な大都市とは違い、圧倒的に地方都市が有利で、しっかり地域に根付いている。西日本に指定暴力団が多いのは、こうした生活基盤が深く地元経済に根を張っているからだ。

 盗難だけは多かった。銭湯で財布を盗まれ、2度目はメガネを盗られた。車上荒らしにも3度遭遇した。金目のものなど置いていないが、ステレオやハンドルを持ち去られた。

シノギに同行

 24時間ヤクザ(元だったが辞めたてだった)と一緒……という生活は、歌舞伎町のヤクザマンションに勝るとも劣らない理想的な取材スタイルだった。取材範囲は狭いが、圧倒的に深い。

 たとえばシノギに同行できる。取り立てや会社整理、売春に企業恐喝など、生の場面を見られるのだからためになった。現場に同行するときは、絶対に口を開かないよう念押しされた。

 私は大抵運転手役だった。元組員は押し出しの効くタイプで、アゴ(口)も達者だったから、一部始終をメモした。兄弟分の親分の依頼で、1000万円の回収に出向いた先は宝石屋のおばちゃんだった。彼は足繁く通って全額を回収した。どうやったかといえば、自殺に追い込んだのだ。彼女は生命保険によって借りていた金を払ったのである。

 報酬は100万円だったようで、私はこれに同行していない。その後、親分と一緒に飲みに行くと、「こいつ自殺させよったねん」とからかわれ、さすがに嫌な顔をしていた。

 喧嘩の仲裁に行ったときは、間近で暴力をみることができた。相手も暴力団関係者なので、こちらに罪悪感はなかった。

ヤクザ社会の一大派閥である在日韓国・朝鮮人

 彼は在日韓国人だったので、同和地区と在日韓国・朝鮮人を同時に取材できたのも収穫だった。

 暴力団は長い間、被差別階級の拠り所と言われてきた。具体的には同和地区の出身者と在日韓国・朝鮮人で、事実、そうした出自を持つ人間は多い。なかでも在日韓国・朝鮮人たちはヤクザ社会の一大派閥で、かなりの実力者を輩出している。現在、暴力団の91%が暴力団対策法の適用対象となる指定暴力団の22団体に所属している。そのうちトップが在日韓国・朝鮮人の団体は、稲川会、極東会、合田一家、福博会、九州誠道会の5団体だから、全体の約2割がトップに外国人が就任しているわけだ。

暴力団社会の差別と優遇

 暴力団社会は実力主義であり、彼らも出自を隠蔽してはいない。どれだけ隠したところでトップの名前はことあるごとに取り上げられ、多くの場合、渡世名と本名が併記されるし、警察関連のホームページなどでは、日本名はまったく無視なので、隠しようもない。

 帰化しようと考えている暴力団員は多いが、暴力団員は国籍法第5条の「素行が善良であること」という条項に抵触するため帰化申請ができないのだという。

 同様にどの団体にも、幹部や組員にはかなりの在日韓国・朝鮮人がいる。正確な統計はないが、1998年に週刊誌がアンケートを企画した際、200人あまりの暴力団員に協力してもらったところ、12%弱が在日韓国・朝鮮人だった(うち韓国籍が8割。中国籍はゼロ)。地域や組織によって差はあるがヤクザたちに訊くと、「ざっと2割程度」と答える人間が多い。

 被差別部落の出身者も一定程度は存在するはずで、それは暴力団たちが「あいつは部落だ」と教えてくれるためわかる。いわれなき差別と無縁のはずの暴力団社会にも、そういった類の偏見がけっこうある。

 組織内部の派閥を考えるとき、これがヒントになることもある。差別というより優遇で、同じ実力の幹部が拮抗しているとき、同胞を選び、やっかみが出る。利権の構図もこうした背景からの考察が欠かせない。大阪ではかつて、同和利権を制するものがヤクザ社会を制すると言われていた。現代暴力団のシノギは、小売店からのみかじめ料といったちんけなものではなくなった。

暴力団社会でも「差別」はご法度

 差別意識があるかどうかはともかく、そう取られかねない言動には注意する必要がある。朝青龍が横綱だった頃、とある記者と一緒に出かけた先は、親分が在日だった。相撲の話になったとき、この記者が「やっぱり相撲では日本人力士に頑張って欲しいですよねぇ」とこぼした。

「そうだなぁ、国技だからな」

 親分はさらっと流していたから、気にしすぎかもしれない。ただ、我々の年代でこうした差別を暴力団となった理由には出来ないと思う。現代で差別というエクスキューズは通用しない。

(鈴木 智彦)