山下智久

写真拡大

 歌手で俳優の山下智久(35)が、1日放送のフジテレビ「HEY!HEY!NEO! MUSIC CHAMP」(後9・00)に出演。2カ月に及ぶ留学期間の“女性事情”を打ち明けた。

 山下は「3年前くらいに、2カ月間お休みいただいたことがあって、その時外国に身を置いていました。長期的に勉強したいなと思って」と2カ月間に及ぶ留学生活を振り返り「グループのみなさんだとスケジュール合わせるのも難しいですが…その時はうれしいのか悲しいのか、レギュラー番組とか何も持っていなくて。山下、暇だなと。じゃあ勉強させていただきたいなと思って外国へ行きました」と冗談めかしながら話した。

 MCの松本人志(56)が「2カ月も外国にいたら、正直な話“コレ”の一人でもできたんでしょ?」と恋人ができたかどうかを茶化しながら尋ねると、山下は「出会いは求めていたんですけど…」とはにかみつつ「学校に通わせていただいて、発音のレッスンがありまして、それが室内に2人っきりなんですよ」と女性と2人きりになるシチュエーションがあったと振り返る。

 「ただ、先生が70歳くらいの…割と先輩の先生だったので…」と年配の女性とペアになったといい「発音は口が重要なので、舌を見せ合ったりとかして。至近距離で舌のストレッチをするという、ちょっと不思議な感覚になりました」と至近距離のレッスンを照れながら明かし「女性と言う女性とは、なかなか出会いはなかったです」と本音を漏らした。