インド西部ムンバイのスラム街 住民の半数以上が新型コロナ感染か

ざっくり言うと

  • 7月前半、インド西部のムンバイで新型コロナの抗体検査が実施された
  • 6900人以上に実施し、スラム街では住民の57%が陽性反応を示したそう
  • 研究チームはスラム街で陽性率が高かった要因として、生活環境を挙げた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x