<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全4枚)

株式会社NTTドコモと株式会社NTTドコモ・ベンチャーズは、5Gと親和性のあるさまざまな企業の特徴的なアセット(技術、プロダクト、サービス)を募集し、5G商用サービスの活用意義を表彰する「docomo 5G DX AWARDS 2020」を開催している。
同アワードはパートナー企業とドコモによる5G時代のソリューション創出を目的としているもので、賞金の総額は150万円。当初の募集期間は2020年5月31日までであったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑み、応募締め切りを2020年7月31日(金)まで延長した。

docomo 5G DX AWARDS 2020:
https://5gbiz.idc.nttdocomo.co.jp/campaign/dxawards2020/index.html?_fsi=aNRCAiAG
5Gについて(NTTドコモ公式サイト内):
https://www.nttdocomo.co.jp/biz/special/5g/

●「docomo 5G DX AWARDS 2020」の概要
同アワードは、パートナー企業が保有する特徴的な技術やプロダクト、サービスなど5Gとシナジーの高いアセットを発掘・活用し、各企業とともに新たな協創ビジネスの実現をめざすもので。各企業から、5Gと親和性のあるアセットを5つのテーマで募集する。また、入賞アセットをもつ企業には賞金の他、ドコモとのサービス化の検討や共同プロモーションの実施機会が設けられている。
なお、同アワードは特徴的な技術・プロダクト・サービスといったアセットを募集するものだが、自社アセットと5Gのシナジーを通じたソリューションアイデアもあれば合わせて提出可能だ。

パートナー企業が保有する特徴的な技術、プロダクト、サービスなど5Gとシナジーの高いアセットを発掘・活用し、ともに新たな協創ビジネスの実現をめざす。

●募集概要

・募集期間
2020年7月31日(金)まで (※今後の状況により延長する可能性もある)

・募集テーマ
PUBRIC:街づくり/EDUCATION:教育/INDUSTRY:産業の高度化/HEALTH CARE:ヘルスケア/WORK:働き方改革

・入賞アセットを持つ企業への特典
1.賞金:入賞アセットを持つ企業に総額150万円の賞金を授与。:
・最優秀賞 賞金100万円/優秀賞 賞金30万円/準優秀賞 賞金10万円×2件
2.ドコモとのサービス化検討:
・ドコモは入賞アセットを持つ企業とともに、入賞アセットの5G活用ソリューションとしての早期のサービス化をめざす。また、サービス化にあたりドコモが開発費を一部支援する。(詳細別途協議)
3.ドコモによるセールス・プロモーションの実施:
・全国のドコモ法人営業担当の販売網を活用したサービス提供が可能。
・最優秀アセットを持つ企業とともに、ドコモ主催イベントでの「docomo 5G DX AWARDS 2020」最優秀アセットとしての展示や、ドコモ5Gオープンパートナープログラムにおける積極的な情報発信など、最優秀アセットのプロモーションを実施。

・応募条件
応募規約への同意が必要となる。応募規約や応募方法の詳細は特設サイトを参照。

●スケジュール
※今後の状況により変更する可能性あり。

・募集開始
2020年3月18日

・募集締切
2020年7月31日

・1次審査
2020年8月1日〜10日(10日間)

・最終選考会
場所:NTTドコモ・ベンチャーズ本社(予定)
日時:2020年7月上旬 8月下旬〜9月上旬(別途告知を予定)

●審査プロセス

・1次選考
2020年7月31日までに応募完了したアセットについて、事務局が選考基準に従い書類選考を行う。

・最終選考
・1次選考を通過した企業には事務局より電子メールなどで個別に連絡が入る。
・8月下旬〜9月上旬開催予定のファイナリストピッチにて最終選考。
・選考委員はドコモおよびドコモ・ベンチャーズ社員、社外有識者により構成。
・最終的に「最優秀アセット」「優秀アセット」「準優秀アセット」を選考する。
・プレゼンテーション時間、順番は事務局が決定。

●選考基準
下記7項目を基準として、1次選考、最終選考を実施する。

(1)5Gとの親和性・活用性
(2)テーマ(産業の高度化、働き方改革、街づくり、教育、ヘルスケア)への適合性およびその優位性
(3)市場における課題の現状およびニーズの規模
(4)新規性
(5)実現性
(6)収益性・拡張性
(7)提供体制

docomo 5G DX AWARDS 2020 特設サイト:
https://5gbiz.idc.nttdocomo.co.jp/campaign/dxawards2020/index.html


(ロボスタ編集部)