自宅で本格的な英語を学習しよう! ネイティブ発音も学べるAI英会話アプリ「SpeakBuddy」を試してみた

写真拡大 (全7枚)

日本人は英会話が苦手とよく言われる。とくにビジネスパーソンにとっては、英会話をマスターしてスキルアップすることは自身の可能性を大きく広げるためにも重要だ。

英会話をマスターするには、英会話教室などに通う方法もあるが、お金や時間が必要だ。一方、オンライン英会話の料金は安価だが、予約がやや面倒くさいだ。

こうした中で最近注目されているのが、AI学習アプリだ。
AI英会話アプリ「SpeakBuddy(スピークバディ)」は、自宅で本格的な英語を学習できるサービスだ。


■自宅留学できる英会話アプリ
SpeakBuddyはスマートフォン向けの英語学習アプリだ。
キャラクターが話し相手になってくれるので、ひとりで気軽に英会話を学習できる。

他社の英会話アプリとの違いは、
・人工知能
・音声認識
・第二言語習得理論に基づいたメソッド
この3つを搭載したことだ。

とくに第二言語習得理論は「TESOL」に基づいたメソッドが組み込まれている。
具体的には、利用シーンと一緒に英語のフレーズを学習できるため、ネイティブな外国人と話すときでも慌てずに済む。


英会話で重要とされるのが、英語で話かけられたときに、すぐに英語で返せるスキルだ。
外国人との英会話の学習がよいとされるのは、英語の発音とともに、この英語で返せるスキルを鍛えることができるからだ。

SpeakBuddyでは、実践的な学習で英会話スキルを鍛えられるだけでなく、キャラクターとの会話により、外国人に話しかけることが苦手な人でも話しかけられるようになる。

SpeakBuddyは、日常生活から旅行、ビジネスシーンまで、500以上のシチュエーションに合わせたシナリオが用意されており、ユーザーはシナリオを選択し、キャラクターが話しかける。
するとAIがユーザーの発音を音声認識して判断し、発音の精度を評価する。自宅にいながら海外留学での語学学習のような体験ができる。


実際のビジネスシーンを想定したシナリオが用意されているため、実践的な英会話を学べる。

SpeakBuddyは現在、iPhone版とAndroid版が用意されている。
・iOS10.0以降
・Android4.1以降

利用料金は、
・個人プラン  月額1,950円
・企業・学校プラン  月額課金(要問い合わせ)
なお1週間の試用期間があり、すべてのコンテンツと機能を無料で使用できる。


すべてのコンテンツを無料体験できる。1週間以内に解約すれば料金は発生しない。

■自分の発音もチェックできる
SpeakBuddyを起動後、性別(男性、女性、その他)と姓名を入力すると、使い方の説明があり、基本的な操作は難しくない。

SpeakBuddyでは、ユーザーの英語レベルや目的に合わせて、最初にカリキュラムを作成する。
・ビジネス
・日常会話
・英会話入門
・おもてなし英語
・スモールトーク
・意見を述べる
・海外旅行
・オンラインの友人
この中から学びたいコースを選択後、簡単な英語のテストが行われ、そのユーザーに最適なカリキュラムが作成される。
筆者は日常会話を選択したところ、英検2級レベルの英語力と診断され、それに添ったカリキュラムが作成された。


学びたいコースを選ぶ。「ビジネス」では外資系企業での会話を擬似的に学習できるため、かなり実践的だ。

日常英会話では、米国ロサンゼルスを舞台に日常生活で頻出度の高いフレーズを学ぶことができる。おもに海外生活で必要となる会話を中心にレッスンが構成されているため、海外留学を疑似体験できる。
レッスンでは、
・会話(必須)
・単語学習
・リスニング
・英作文
・応用練習
この5つを学習する。

キャラクターとの会話を続けることで、自然に英会話力が磨かれる仕組みだ。
キャラクターはネイティブの発音なので、聞き慣れていない人もネイティブの発音に慣れることができる。ユーザーの会話は、人工知能と音声認識により的確な発音なのか判定される。

応用練習では英文を表示しないため、実践さながらの英会話を体験できる。


「be happy to 〜」というフレーズを使って英語を話そう。

1日分のレッスンを完了すると「デイリーレポート」で学習成果を見られる。
今日覚えた方がよいフレーズを確認でき、授業の内容も星印の数で把握できる。


デイリーレポートの画面では学習の質をチェックすることができる。

日常英会話 初級1は6つのレッスンに細分化されており、ユーザーは自分のペースで英会話を学ぶことができる。

SpeakBuddyはカリキュラムが完了するまでの具体的な日数を把握できるため、ユーザーはモチベーションを下げずに英語を学習できる。


毎日の学習が見える化され、目標到達までの日数もわかる。

SpeakBuddyは、「ネイティブの発音を聞いてから自分で話す」というのが基本であり、英会話教室やオンライン英会話での学習に近いレッスンを受けられる。月額1,950円の料金は毎日25分レッスンのオンライン英会話と比べて、だいたい3分の1という低価格だ。
英会話教室が苦手な人は、駅前留学ならぬ、自宅留学で英語を勉強してみるとよいだろう。

AI会話アプリ「SpeakBuddy」
ITライフハック 関口哲司