豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗員・乗客を含めた感染者は500人を超えた

写真拡大

〈和歌山県内で新型コロナウイルスに医師が感染〉

 2月13日20時、パーキングエリアで束の間の休息をとっていた30代の長距離トラック運転手は、こんなニュースを目にする。

【写真】「新型コロナ」でテレビに出ずっぱりの「岡田晴恵さん」 驚異的な出演回数

 折しもその日の朝から、彼の身体は日々の過酷な労働で積み重なっていた疲労だけでなく、不気味な倦怠感に苛(さいな)まれていた。だが彼にとって、新型コロナウイルスはまだどこか他人事だった。このニュースを目にするまでは……。

 先のニュースでは、新型ウイルスの感染者である医師が働いていた病院名も明かされていた。

 済生会有田病院。

 彼を悪い予感が襲う。つい最近、有田病院で手術を受けたばかりだったのだ。

豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗員・乗客を含めた感染者は500人を超えた

「自分の倦怠感の原因は……」

 その瞬間、彼の背筋に冷たいものが走った。それは倦怠感に伴う寒気とは別の、自身も感染者かもしれないという「恐怖」がもたらしたものだった――。

 目下、新型コロナウイルスの猛威は、日本ばかりか欧州をも飲み込もうとしている。2月15日にフランスで同ウイルスによる死者が出たことが判明したのだ。

 日本に目を転じても、豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗員・乗客を含めた感染者は800人を超え、13日には国内初の死者が出た。さらに院内感染の疑いが浮上し、都内のタクシー運転手の感染も確認されている。

 水際作戦虚しく、もはや新型コロナウイルスはそこかしこに「ウヨウヨ」していると考えたほうがよいであろう事態に陥っているのである。事実、加藤勝信厚労相も15日の記者会見で、

「感染経路が判明していない事例がある。以前とは状況は異なっている」

 こう認めたように、新型コロナウイルス騒動は新局面に突入したと言えよう。それもそのはずで、冒頭で紹介した長距離運転手の話に耳を傾けてみると、パンデミックもやむなしと思わざるを得ないのだった。

「有田病院で手術を受けたのは1月28日のことでした」

 と、当の長距離運転手が振り返る。

「その日に痔ろうの手術を受け、2月4日にも事後診断のために有田病院に行きました。その際、私は有田病院の『ふたり』の外科医と接しています」

 同院の外科医で新型ウイルスに感染した人数も「ふたり」である。

「私が診てもらった外科医は感染者だったのではないかとの疑念が拭えませんでした。しかも、尾籠な話で恐縮ですが、痔ろうですから医師の方は私の肛門に指を突っ込んだりしています。もちろん、医療用の手袋を着けた上でのことですが、私は外科医と文字通り『濃厚接触』している。マスクも着けていませんでしたので、私が医師からウイルスをうつされている可能性は決して低くないと思うんです」

保健所が…

 仮にこの長距離運転手が有田病院でウイルスをうつされていたとして、彼は以降、

「仕事で九州から関東まで広範囲にわたって移動し、10県から20県には立ち寄っています。千葉県でも感染者が確認されましたが、私は千葉にも行っていました。荷下ろしなどの際に、現地の人とも接触しています。千葉の感染者は、もしかしたら私がうつしてしまったのではないかと思うといたたまれません……」(同)

 彼が倦怠感と「寒気」を覚えた2月13日以後、発熱、関節痛と症状の数は増えていった。これらはまさに、新型肺炎の典型的な症状だった。

 体調不良と罪悪感を抱えながらも、慢性的な人手不足に喘ぐ運送業にあって、この長距離運転手も簡単に仕事を休むことはできず、和歌山に戻って保健所に電話できたのは15日のことだった。しかし、

「私の発熱は37度台でした。すると保健所は、熱が38度以上ないと新型コロナウイルスの感染検査は受けられないと断ってきた。東京都では、濃厚接触が疑われる人は全員検査を受けているというのに、なぜ和歌山では、やはり濃厚接触が疑われる私を検査してくれないのか。同じ国民で税金も払っているのに、どうして自治体によって受けられるサポートが違うのか。一国民として、怒りを禁じ得ませんでした」(同)

 その後、彼は「感染源」の可能性がある有田病院へと向かうことになる。だがそこでも、

「熱はあるか、咳は出るかといった簡単な問診票に記入しただけで帰されました。その後、なぜか戻ってきてほしいと病院から連絡があり、再び病院に行きましたが、受けられたのはインフルエンザの検査とCTだけで、新型コロナウイルスに関しては診てもらえませんでした。ちなみにインフルエンザは陰性で、CT検査で喉が腫れていることが分かりました」(同)

 彼の自宅近くには心筋梗塞を起こしたことのある義理の両親が住み、頻繁に行き来をしている。自分が感染者だった場合、万が一にもその両親にうつしてはならないと、彼は体調が悪い中でトラックでの「車中泊」を強いられた。

 和歌山県健康推進課はこう説明する。

「新型肺炎はインフルエンザなど他の感染症と症状が似ていますので、単純に熱があるというだけで検査が受けられるわけではありません。もちろん、感染者と濃厚接触をしている可能性が強く疑われる場合は直ちに検査の対象となりますが、その方と保健所の間で誤解が生じていたのかもしれません」

 いずれにせよ、「濃厚接触疑惑者」が「野放し」にされていたこの話を聞いて、件(くだん)の長距離運転手でなくとも背筋が寒くなるのではあるまいか。

「週刊新潮」2020年2月27日号 掲載