窓口や券売機でのチケット購入が不要、しかも待たずにスムーズに入れて超便利!「国立科学博物館」の入館チケット「アソビュー!」での取り扱いを開始

写真拡大 (全3枚)

アソビューは、入館券の販売窓口における混雑緩和や来館者の利便性向上、入館券のデジタル化推進を図るため、東京・上野にある「国立科学博物館」常設展示の入館券を同社のマーケットプレイス「アソビュー!」のサイト上で販売すると発表した。

国立科学博物館の2019年入館者数は、約260万人を突破しており、月刊レジャー産業資料を発行している綜合ユニコムの調査によると「主要レジャー施設の入場者数ランキング(2019)ミュージアム部門」で、1位を獲得している。

国立科学博物館では一年を通して特別展・企画展が開催されており、上野周辺にはさまざまな観光スポットも多いため、親子連れや観光客にも人気の博物館だ。

国立科学博物館の入館券は、窓口販売および券売機のみの販売だったこともあり、一年の中でもゴールデンウィークや夏休みなどの長期休暇時期には特に混雑し、待ち時間が30分以上発生する日もあった。

入館券をオンライン上から事前購入できるようになったことで、入館券の販売窓口・券売機に並ばずに入ることが可能だ。また事前購入した入館券は、紙のチケットとして印刷したり、事前に引き換えたりする必要はなく、スマートフォンでチケットのQRコードを提示するだけで入館できる。

それにより、入館券販売窓口の混雑緩和及び、施設スタッフの業務量削減につながると同社。入館券のオンライン購入は多言語にも対応予定であるため、訪日外国人に対する利便性向上も見込まれる。

■チケット購入サイト

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・爽やかな酸味と豊かな香りが楽しめる!バターの新しいおいしさ発見!発酵バターを配合した「明治スプレッタブル」
・大日本印刷(DNP)が2Dアニメーション制作ツール「Spine」の初級者向けカリキュラムを開発!入門書の販売とオンライン講座の公開を開始
・CVは人気声優!家電がしゃべるあの企画が今度はコメディサスペンスで新登場〜ハイアールの“連続SNSドラマ”「#目撃家電」公開
・シヤチハタから働く女性の声から生まれた文房具“opini”シリーズ「オピニ 手帳のはんこペン」が登場
・横浜流星、吉岡里帆、クレヨンしんちゃんまでもがMatt化!?ワイモバイルの新テレビCM、桑田真澄&Matt親子の人類Matt化計画!