アンタッチャブルが10年ぶり漫才、ネット騒然

写真拡大

お笑いコンビ・アンタッチャブルが、11月29日に放送されたバラエティ番組「全力!脱力タイムズ」(フジテレビ系)に出演。「アンタッチャブルさんが大好き」と語る女優・新木優子(25歳)のために、10年ぶりの漫才を披露し、話題を呼んでいる。  

この日、“好きなお笑い芸人”について話を振られた新木は「アンタッチャブルさんが大好きで」と、同じく出演していたアンタッチャブル・柴田英嗣に向かってコメント。新木は続けて「でも、なんか最近アンタッチャブルさんの漫才を見る機会が少なくなってしまったというか。すごく残念で、せっかくだから見たいですね」と語る。

だが、相方の山崎弘也が登場すると、柴田は床に倒れ込みながら驚愕の声を上げ「バカだめだって、お前。違うってマジで。ちょっと!この番組でやるの?」と山崎に確認。山崎が本気であることを悟ると、柴田も上着を脱いで、10年ぶりの漫才が始まった。

漫才冒頭で、山崎が「加藤さん」と、“あの騒動”の引き金となったファンキー加藤の名前を出してイジると、柴田の変わらぬテンポの良いツッコミが入り、ボケとツッコミが次々と繰り広げられるアンタッチャブルならではの漫才を披露。

漫才をやり終えると、柴田は「今後どうなるんですか? 人力舎ー! おい人力舎! 山崎が出てきてるぞ」と吠えた。

アンタッチャブルの漫才に、芸人仲間も次々に反応し、さまぁ〜ずの三村マサカズは「やったな!アンタッチャブル!」とツイート。メイプル超合金のカズレーザーも「夢みたい」「今でも日本一」とつづったほか、ネットでも「アンタッチャブルの漫才に感動」「泣いた」「有田哲平の番組だからこそできたんだよなあ」「これからもっと漫才してくれるはず」といった声が上がっている。