<プレミア12決勝 日本・韓国>優勝して喜びを爆発させるナイン (撮影・白鳥 佳樹) 

写真拡大

 ◇第2回WBSCプレミア12決勝 日本5―3韓国(2019年11月17日 東京D)

 侍ジャパンが10年ぶりに世界の頂点へ立った。野球日本代表「侍ジャパン」は17日、国際大会「第2回WBSCプレミア12」決勝で韓国に5―3で逆転勝利を収めて初優勝。2009年の第2回WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)以来10年ぶりとなる世界一をつかんだ。2015年の第1回大会準決勝で敗れた宿敵・韓国に雪辱。主要国際大会では日韓戦4連勝となった。

 日本は1次ラウンド、スーパーラウンドともに第1戦で先発投手を務めた山口(巨人)が先発マウンドに上がるも2本塁打を浴びて初回3失点KO。だが、その裏、今大会絶好調の主砲・鈴木(広島)がタイムリー二塁打を放って1点を返すと、2回には2死から会沢(広島)の四球、菊池涼(広島)の内野安打で一、二塁としてから山田哲(ヤクルト)が逆転の左越え1号3ラン。

 ここまで3本塁打の鈴木以外では侍ジャパン今大会初アーチとなった山田哲の一発で1点リードとなって以降は高橋礼(ソフトバンク)、田口(巨人)、中川(巨人)、甲斐野(ソフトバンク)が無失点リレーでつないだ。

 すると、4―3のまま膠(こう)着状態で迎えた7回、先頭の坂本勇(巨人)が左翼フェンス直撃の二塁打で出塁すると、2死後に浅村(楽天)が右前適時打を放って待望の追加点。2点リードとなった8回は山本(オリックス)がピシャリと抑え、最後は守護神・山崎(DeNA)で“勝利の方程式”を完成させた。結局、初回3失点の山口以外は登板した6投手全員が無失点だった。

 前日16日に行われたスーパーラウンド最終戦(東京D)では両軍合わせて26安打18得点の乱打戦を10―8で制してファイナル前哨戦をものにしたが、2日連続での対戦となった宿敵相手に連勝で世界一に上り詰めた侍ジャパン。稲葉篤紀監督(47)にとっては自身が選手として出場した2008年北京五輪準決勝で敗れた相手に果たした雪辱でもあった。