沖縄首里城の再建を支援!ブックオフが自宅にある本、CD、DVDなどの不要なモノで首里城火災再建の寄付が出来る取り組みを開始

写真拡大 (全2枚)

「BOOKOFF」を運営するブックオフコーポレーション(以下、ブックオフ)は、沖縄のシンボル「首里城」再建支援のため、自宅で不要になった本やCD、DVD、ゲームソフトなどをブックオフ公式販売・買取サイト「ブックオフオンライン」で申し込み、送付すると、買取金額すべてを那覇市へ寄付する取り組みを開始した。

この取り組みは、ブックオフオンラインが不要になったモノで支援、応援するキモチにかえるサービス「キモチと。」を活用し、実施している。

2019年10月31日(木)に発生した、沖縄県の首里城での火災により、首里城の正殿などが焼失した。首里城は沖縄県の文化や伝統を象徴する建造物であり、多くの人においても、心を痛めていることだろう。ブックオフも、貴重な文化遺産を次世代に継承するため、首里城の再建を願い、この取り組みを実施することになったとのこと。

送付した品物の買取代金は、ブックオフを通じてすべて沖縄県那覇市へ提供され首里城再建の支援金として役立てられる。

■対象商品
本、コミック、CD、DVD・Blu-ray、ゲームソフト・ゲーム機本体、おもちゃ・ホビー、スマートフォン、タブレット・パソコン、ブランドバッグ・宝飾品など。

■「沖縄県首里城火災再建支援」申し込みホームページ

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・よりアグレッシブに楽しさ満載!スポーツから音楽番組までスカパー!が変わる「スカパー! メディアラウンドテーブル 2019・秋」開催
・キャッシュレスの浸透により募金の機会が減少!? 店頭募金に代わる“新しい支援方式”への期待が高まる〜マクドナルド調べ〜
・大阪府吹田市でニコニコ町会議狎藹楽”を開催!今年も西川きよし、村上ショージなど「よしもと芸人」が多数出演
・これからの季節「秋冬のお肌のアンチエイジング」は1日3杯のレギュラーコーヒーが重要
・連続テレビ小説「スカーレット」の舞台である滋賀県信楽が「ほっと滋賀色」キャンペーンを開始