日本代表の活躍もあってW杯は大盛況(C)共同通信社

写真拡大

 圧倒的熱量を「次」につなげられるか。

ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

 9月20日に日本で開幕したラグビーW杯。筋肉の鎧を身にまとった男たちの戦いに、日本中が熱狂している。

 だが、一過性のブームなら、日本ラグビー界が困る。今の熱気をどうにか「営業」に結び付けたいところだ。

 国内のラグビー事情は、強豪国に比べてやはりさみしい。競技人口は約29万6000人と今大会に出場している20カ国・地域中6位を誇るものの、人口と対比した普及率は0・23%(同18位)。人口の割に、ラグビーに関心を持つ者が少ないことがわかる。

 優勝候補のニュージーランドは、競技人口約15万6000人(同12位)で普及率は3・32%(同8位)。ラグビー発祥の地イングランドの競技人口は約211万人(同1位)。普及率も3・8%(同5位)と高い数字を誇っている。

 日本は近年、全国の高校でラグビー部が減少の一途をたどっている。公益財団法人全国高等学校体育連盟のデータによれば、集計が残っているもっとも古い2003年時点でラグビーは1252校。5年後の08年には1165校に減り、最新の18年度は1000校だ。

 当然、部員の減少も顕著になっている。03年に約3万400人だった高校ラグビー部員は、昨年度は約2万1700人。少子化とともに、ラグビー人口も右肩下がりなのだ。

 朝日新聞が10月8日付の夕刊で報じた記事によれば、全国高校大会の予選で、複数校による「合同チーム」での参加が近年増えているという。単一校では人数不足で試合に出場できないラグビー部員救済のため、00年から導入された制度だ。記事によれば、00年は全国で13だった合同チームは、昨年度は87チームに増加。予選出場チームの12%が、複数校による合同チームになっている。

 このままでは日本ラグビーは衰退するばかり……。だからこそ、自国開催のW杯を起爆剤にしたいと考えている関係者は多い。

■プロ化は苦肉の策

 来年1月には社会人ラグビーのトップリーグ2020シーズンが始まる。03―04年シーズンから発足したトップリーグも、人気を博しているとは言い難い。W杯イングランド大会直後の15―16年は歴代最多の49万1715人の観客を動員したが、昨シーズンは45万8597人。目標である50万人には届かなかった。

 トップリーグの窓口でもあるラグビー協会広報部に「チケットの問い合わせなど、W杯の影響はあるか」と問い合わせると、以下のような答えが返ってきた。

「トップリーグや大学選手権に関する問い合わせは少なからずありますが、目立ってということは……。いま、行われているW杯に関する質問が多いですね。基本的に、現在日本が勝ち進んでいるから注目していただける、ということもあるでしょう。W杯が終わったあとにどうするのか、お客さまにどれだけ現場に足を運んでいただけるのか。我々も検討し、やっていきます」

 日本ラグビー協会の清宮克幸副会長は今年7月、21年秋をメドに、トップリーグとは別のプロリーグを発足させる構想があると発表。W杯開催地の国内12都市を本拠地とした、地域密着型のリーグをつくるという。

 あるラグビー関係者は「そうせざるを得ない事情があるんです」と、こう続ける。

「実はトップリーグに加盟している企業のいくつかが、『今シーズンを最後にトップリーグから脱退する』意向を持っている。観客動員が伸び悩んでいることもあって、いまや企業側の赤字は20億円近い。ただ、撤退されると更なるラグビーの衰退につながりかねない。だからこそ、新しい道を示して企業に残ってもらうしかない。協会としてはプロ化以外に生き残る道はない、ということです。企業側も『プロ化なら続けてもいい』という反応です」

■民放は様子見

 仮にプロリーグを発足させたとして、どれだけ注目されるか、という問題もある。トップリーグは有料のCS放送「J SPORTS」で全試合中継されている。多くの人に興味を持ってもらい、競技の裾野を広げるという意味では民放やNHKにはかなわない。

 元NHKスポーツプロデューサーの杉山茂氏は「地上波で放送されるかどうかは、正直難しい」と、こう続ける。

「今回のW杯の放映権を得た日本テレビを、民放各局が羨ましがっているのは事実。日本テレビも先日の定例会見で、小杉社長が日本代表のユニホームを着て出てきたくらいですからね。ただ、今後の国内リーグについては、当面はどの局も動かないのではないか。様子見? いや、それよりもっと慎重にうかがっていると思います。私見も入りますが、ラグビーファンは大人が多い。若者があまり騒がないので、大衆性がないと言ってもいいでしょう。仮にW杯で興味を持った人が国内リーグを観戦しても、体格やスピードなど何から何まで違いますからね。『あれ?』と思い、興味を失う可能性もある」

 さらに杉山氏は続ける。

「今大会のベスト8チームが、どれかひとつでも全員日本でプレーすることにでもなれば、それこそ民放各局で放映権の争奪戦が起きますよ。でも、そんなことはあり得ない。国内開催のW杯だから注目されているだけなのか、それともラグビーという競技の面白さが一般の人もわかってきたのか。その見極めができない限り、テレビ各局は動けない。ラグビー協会の清宮副会長も頑張ってはいますが、夢の下地ができたとは、まだ言えない状況ではないか」

 日本は15年W杯イングランド大会で、強豪の南アフリカを撃破。国内は歓喜で渦巻いたが、ラグビー人気にはつながらず、残ったものといえば「五郎丸ポーズ」だけだった。同じことを繰り返すわけにはいかない。