画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ドン・キホーテは9月24日、プライベートブランド「情熱価格プラス」の4kビデオカメラ「DV-AC3-BK」を発表した。価格は17,980円(税別)で、10月1日以降も税込み2万円を切る価格で購入できる。9月27日より全国のドン・キホーテ系列店舗(一部店舗を除く)で発売する。

1,300万画素のCMOSセンサーを内蔵する4K対応ビデオカメラ。イメージセンサーはソニー製で、高感度撮影時に発生するノイズを抑制する。4Kでの動画撮影が可能で、撮影解像度は最大2,880×2,160ドット / 24fps(4:3)で、再生時は3,840×2,160ドット(16:9)で表示される。動画記録形式はMP4、AVC/H.264形式。ズームはデジタル30倍まで。

3.1インチのタッチパネル液晶ディスプレイを装備。HDMI出力ポートも備えるので、撮影した動画を大画面テレビで視聴できる。手ブレを抑えるための手持ち型スタビライザーが付属する。記録メディアは、最大256GBのSDメモリーカードを使用可能。

本体には無線LAN機能を搭載するので、スマートフォンと直接通信して動画を転送できる。電源にはリチウムイオンバッテリー「NP-120」を使用。標準で3個付属するので、交換しながら使うことで長時間撮影に役立つ。本体サイズは約W60×D130×H70mm、重さは420g(バッテリ含む)。