<?php the_title_rss(); ?>

写真拡大 (全5枚)

“100 年に1度”の大規模再開発が進むカルチャーの発信拠点・渋谷。「大人をたのしめる渋谷へ」をコンセプトとした新たなランドマークとして商業施設「東急プラザ渋谷」が2019年12月5日に開業する。そしてその5階に、pepperが人と共に働く「Pepper PARLOR(ペッパーパーラー)」がオープンすることがわかった。ソフトバンクロボティクス株式会社が9月12日に発表した。
「Pepper PARLOR」は、同社が運営する初の飲食店であり、さまざまなロボットが人と共に働き利用客をもてなす、ワクワクする未来が感じられると同時に、おいしくて居心地の良いカフェとしての魅力も兼ね備えたプレミアムパーラーだ。東急プラザ渋谷のコンセプトを象徴した、「上質さ」と「未来感」を体感できる。

渋谷フクラス外観イメージ(画像提供=東急不動産)

●「Pepper PARLOR」の特長
ロボットと過ごす未来を体感できる同カフェは、同社が目指す“人とロボットの共生”を気軽に体感し、ロボットの進化、ロボットと暮らす未来を楽しめる空間を目指したもので、店内のさまざまなシーンで最新のロボットたちが活躍。スタッフとして人と共に働くと同時に、利用者に新しいエンターテインメントも提供していく。
また、同カフェは、ブランディングプロデューサーの柴田陽子氏やデザイナーの森田恭通氏、Jean-Georges本店で日本人初のスー・シェフに抜擢された米澤文雄氏、左官職人の久住有生氏、グリーンアーティストの尾藤祐子氏など、国内外で活躍する著名なスペシャリストたちが参画。ロボットのプランニングは、ソフトバンクロボティクスの蓮実一隆氏が担当している。

●メニューについて
世界の国々をイメージしたオリジナルのワッフルやドリンクメニューのコンセプトは「世界を旅するグルメ&スイーツワッフル」。世界の国々をイメージしたワッフルやドリンクなど、ここでしか味わえない創造的なメニューを用意する。利用者に海外旅行のような非日常感やワクワク感を提供し、素材本来のおいしさを楽しめるよう、食材にもこだわり、ビーガンメニューも用意している。

●空間について
店内は、「人がロボットと共にくつろげる」場所を目指し、「自然」にロボットが溶け込む、おしゃれで居心地の良い空間としている。店内は多くのロボットがいながらも、「自然」を強く感じられる空間となっている。「ウッド」や「ストーン」、「グリーン」、「メタル」、「土」などの天然素材を使用して、グリーンを使ったアートワークの照明がラウンジのような居心地の良さを演出。カラフルなファブリックのオリジナルチェアやソファが、空間にリズム感を与えてくれる。


ソフトバンクロボティクス 取締役 蓮実 一隆氏は今回の出店に関して以下のように述べている。


ソフトバンクロボティクス 取締役 蓮実 一隆氏:

私たちは「情報革命で人々を幸せに」というビジョンの下、さまざまなロボットを世界に送り出してきました。そして、人生 100 歳時代におけるライフスタイルを提案する新しい「東急プラザ渋谷」は、そんな私たちのロボットを体験していただく最高の場所になると思います。私たちはロボットを、単に 利便性や効率化のためだけでなく、人々の可能性を広げ、幸せをもたらしてくれる存在にしたいと考えています。「Pepper PARLOR」のおいしい食事と、上質な空間の中で、人とロボットが共に暮らす未 来のワクワク感を皆さまにも感じていただけるよう、日々挑戦していきたいと思います。

▼ 店舗概要 :

・店名
Pepper PARLOR(ペッパーパーラー)

・業態
カフェラウンジ

・席数
全162席

・営業時間
午前10時〜午後9時(ラストオーダー午後8時30分)

・所在地
東京都渋谷区道玄坂1-2-3 東急プラザ渋谷5階

・公式サイト
https://www.pepperparlor.com

(ロボスタ編集部)