約1年後に本大会を控える現時点での、東京五輪世代の最新序列。コパ・アメリカのメンバーはベースとなる。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大 (全3枚)

 6月14日に開幕するコパ・アメリカに臨む日本代表23名には、東京五輪世代から18名が選ばれている。またトゥーロン国際では、残りのメンバーで構成されたU−22代表が初の決勝進出を果たせば、ポーランドで開かれたU−20ワールドカップで活躍した下の世代も頭角を現わしている。3つの国際大会が開かれたこのタイミングで、最新序列を検証する。現時点で、約1年後の東京五輪本大会のメンバー入りに近いのは誰か--。
 
【◎=レギュラー候補、〇=準レギュラー候補、△バックアッパー】
 
【GK】
◎:大迫敬介(広島)
〇:小島亨介(大分)
△:オビ・パウエルオビンナ(流通経済大)
その他の候補者:山口瑠偉(エストレマドゥーラ/スペイン)、波多野豪(FC東京)、谷 晃生(G大阪)、若原智哉(京都)
 
 U−22代表でこれまで正GKを務めてきた小島も、プロ1年目の今季は、大分でリーグ戦の出番を得られておらず存在感は薄れ気味。むしろ19歳ながら今季の広島でレギュラーの座を掴んでいる大迫の成長ぶりが目を引く。大迫はさらに、6月のキリンチャレンジカップでも招集されており、森保監督からの期待の大きさも感じさせる。またナイジェリアとのハーフで身体能力の高いオビや、身長198センチの波多野など、三番手の争いも激しい。
 
【リベロ】
◎:冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)
〇:立田悠悟(清水)
△:岡崎 慎(FC東京)
その他の候補者:町田浩樹(鹿島)など

 昨季シント=トロイデンでレギュラーを掴み、ベルギー国内で一躍名を上げた冨安は、A代表でも18年10月のデビュー以降、メキメキと頭角を現わしている。文句なしの当確だ。2番手の立田も身長191造搬腓なスケール感が漂う。今回のコパ・アメリカにも選ばれているようにこの世代の重要戦力となっているのは間違いない。万能型の岡崎、190造猟洪箸悩戸きという希少価値の高い町田は、今後のアピールに期待したい。
 
【ストッパー(右)】
◎:原 輝綺(鳥栖)
〇:大南拓磨(磐田)
△:瀬古歩夢(C大阪)
その他の候補者:橋岡大樹(浦和)
 
 安定感が抜群の原は、守備的なポジションならどこでもこなせる利便性が売り。5月以降は鳥栖で出番を減らしているが、コパ・アメリカのメンバーに選出されたことからも森保監督からの高い信頼度が窺える。次点はトゥーロン国際で全試合に出場中(準決勝終了時点)の大南。イングランド戦では豪快なゴールでアピールした。また、U−20ワールドカップで高い対人能力を発揮した瀬古や、U−20代表で絶対的な守備の要を担ってきた橋岡(左ハムストリングの肉離れでU−20ワールドカップには招集されず)も当然候補入りするだろう。
 
【ストッパー(左)】
◎:板倉 滉(フローニンヘン/オランダ)
〇:椎橋慧也(仙台)
△:小林友希(神戸)
その他の候補者:古賀太陽(柏)など
 
 今年1月にイングランドのマンチェスター・シティと契約(その後フローニンヘンにレンタル)した板倉は、ボランチもこなせるほど足もとの技術が高い。昨季のオランダリーグで出番を与えられなかったが、U−22代表チームの最終ラインには欠かせない戦力だ。板倉とは実力的にも実績的にも差がある椎橋も、仙台では5月中旬に定位置を奪い、トゥーロン国際にも選出。今後の成長次第ではレギュラー争いに割って入るかもしれない。U−20ワールドカップで全4試合に出場した小林も見逃せない成長株だ。
 
【右ウイングバック】
◎:岩田智輝(大分)
〇:長沼洋一(愛媛)
△:川井 歩(山口)
その他の候補者:菅原由勢(名古屋)、藤谷 壮(神戸)など

 飛び抜けた人材がおらず、レギュラー予想が難しいポジション。コパ・アメリカのメンバーに抜擢された岩田を1番手としたが、これまで継続的にU−22代表に招集され続けている長沼も依然として評価は高い。トゥーロン国際ではその長沼と激しいポジション争いをしている川井、さらにU−20ワールドカップのグループステージで堂々たるパフォーマンスを披露した菅原などが存在感を高めている。