原田龍二デジタル写真集『渇愛』(講談社)木邑旭宗 (写真)
 5月30日発売の『週刊文春』に複数の女性ファンとの不倫を報じられた俳優の原田龍二。本業だけでなく、バラエティ番組では芸人ばりの裸芸でお茶の間を笑わせてくれていただけにガッカリしたという声もあがりました。

 毎年、大小関わらず何本もの不倫報道が出るため、「そんなことあったっけ?」と忘れられてしまったものもあることでしょう。

 2年前に『女子SPA!』が「心底どうでもいい!と感じた不倫・二股ランキング」を調査した際は、1位:漫画家・浦沢直樹と編集者女性のW不倫、2位:トレンディエンジェル・斎藤が一般女性2人と二股、3位:桂文枝と紫艶の不倫という結果になりました。

◆2017年以降の不倫報道、どうでもよかったのは?

 そこで、2017年以降の不倫報道を対象に、30〜40代女性200人に同じテーマでアンケートを取ってみました。早速結果を見てみましょう。

======
心底どうでもいいと感じた不倫・二股報道といえば?(複数回答)
(2017〜2019年バージョン)

10位 後藤真希と元恋人の一般男性 40.5%
8位 池谷直樹と元新体操選手 42%
8位 岩崎恭子と一般人男性 42%
7位 ダンテ・カーヴァーと一般女性 43%
6位 小室哲哉と一般女性 45%
5位 袴田吉彦とグラビアアイドル 45.5%
======

 10位の後藤はママタレとして順調に仕事をしていた最中にイタい報道。

 夫のDVに悩んでいた後藤が恋人だった男性に助けを求め関係を持ったと3月20日発売の『週刊文春』が報じました。夫は2人に対し330万円の損害賠償を請求する裁判を起こしましたが、約半年後に和解したと言われています。

 8位はスポーツ選手だった2人。元体操選手でタレントの池谷は美人パフォーマーとの不倫を1月末に『フライデー』にすっぱ抜かれました。

 バルセロナ五輪水泳金メダリストの岩崎は昨年11月、『フラッシュ』に金髪カツラのサングラス姿で50代男性と手つなぎデートする様子を撮られました。岩崎が潔く事実を認めたこと、また離婚協議中で夫も「仕方ない」と容認していたことから大きなイメージダウンにはなりませんでしたが、変装はいただけない……。

 17年1月に「アパ不倫」が発覚した俳優の袴田が5位。グラビアアイドルとの密会場所としてアパホテルを使用し、コツコツポイントまで貯めていたことが「みみっち〜い」と話題となりました。これにより袴田は離婚。普通なら仕事ゼロになるところが、このネタでバラエティ番組やドラマに次々出演し底力を見せました。

◆オフホワイト発言や、夫の怖すぎる擁護会見が上位に

======
心底どうでもいいと感じた不倫・二股報道といえば?(複数回答)
(2017〜2019年バージョン)

3位 宮迫博之と2人の女性(モデル、一般女性) 46%
3位 藤吉久美子と一般男性 46%
2位 鈴木雅之と一般女性 47.5%
1位 原田龍二と複数の女性ファン 59.5%
======

 3位に入ったのは雨上がり決死隊・宮迫。『週刊文春』によれば17年7月、モデルの小山ひかるとホテルで密会した数日後、竹内結子似の美容系ライターとも同じホテルで一夜を過ごしたといいます。

 文春の直撃に対し、宮迫は「オフホワイトです」と事実を否定。不倫よりバラエティ番組でこの言葉を言わされてスベッている姿の方が印象に残っているかも……?

 同じく3位は『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(テレビ東京系)で有名な太川陽介の妻で女優の藤吉久美子。17年12月に大阪のテレビ局のプロデューサー男性との不倫を『週刊文春』に報じられました。

 藤吉は謝罪会見を開き、涙ながらに不倫を否定。「私はもう彼(太川)に守ってもらわないと生きていけません……」と声を震わせました。この会見の7時間前、妻とは対象的に笑顔でよどみないマスコミ対応をした太川。「怖い」という声があがるほど、あまりにも寛容な夫ぶりでした。