ガトリンにわずか0秒01差で敗れた桐生祥秀「悔しいです」と回顧

ざっくり言うと

  • 19日の陸上・セイコー・ゴールデングランプリ大阪の男子100メートル
  • 9秒98の日本記録を持つ桐生祥秀は、10秒01で2位となった
  • 優勝したジャスティン・ガトリンとは0秒01差で「悔しいです」と語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング