大分県の子ども園で園児ら36人が食中毒 給食のサバからヒスタミン

ざっくり言うと

  • 大分県は1日、子ども園で1〜4歳の園児ら36人が食中毒になったと発表した
  • 口の周りに発疹ができるなどしたが、全員が軽症で快方に向かっているという
  • 8月31日の給食で提供されたサバの塩焼きから、ヒスタミンが検出されたそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x