空いた土地を駐車場に、ソフトバンクがシェアサービス

写真拡大

 ソフトバンクは、企業や個人が所有する空きスペースを駐車場として利用できるサービスを10月下旬に始める。運転手は、空いた駐車場の検索や1分単位での予約、決済をスマートフォン上で完了できる。貸主となる企業には、車両の入出庫管理にカメラセンサーと磁気センサーを活用し、従来より初期投資を大幅に抑えられる点をアピールする。都心部での長期間の導入のほか、地方ではイベントでの短期間の利用などを提案する。

 新サービス「BLUU(ブルー)スマートパーキング」は、まずは企業の空いた土地を駐車場として活用し、今後個人の空きスペースも募集する。8月から関東地域でトライアルをはじめ、10月から都心部を中心とした全国で展開する。

 従来のコインパーキング型の駐車場は、精算機などの設置で数百万の投資が必要だった。同サービスは車両検知やナンバープレートの認証機能を搭載したカメラやスマホ決済などを活用し、低コストで駐車場ビジネスを開始できるようにした。

 同社が展開する自転車の貸し出しサービスとも連携する。自動車で目的地付近に移動して、目的地までは自転車で移動するといった利用を想定する。今後、「BLUU」ブランドとして順次シェアリングサービスを展開する。