狭山市の女児死亡 母親「かわいそうだと思っていた」「虐待は嫌だった」

ざっくり言うと

  • 狭山市で当時3歳の娘に虐待を繰り返し、死亡させた罪などに問われた母親
  • 1日の裁判で「かわいそうだと思っていた」「虐待は嫌だった」などと述べた
  • 一方なぜ虐待させないようにしなかったのか問われると、言葉に詰まる場面も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x