都心に3億円の二世帯住宅が完成

写真拡大 (全2枚)

 去る3月中旬、都心の一等地に地上2階地下1階の白亜の大豪邸が完成した。「上物合わせると3億円は超える」(地元不動産)というこの物件は、窓がなく一見すると要塞のよう。地域でも目を引く同邸宅は、森山良子(69才)の新居だった。

「娘さん夫婦との二世帯住宅なんです。3月末に皆さん引っ越してきて、もう一緒に暮らしてます」(近隣住人)

 森山の娘、奈歩さん(45才)とお笑いコンビ『おぎやはぎ』の小木博明(45才)が結婚したのは2006年のこと。奈歩が小木のファンだったことから交際に発展したのだが、結婚当初から小木の森山家への“浸食”は凄まじかったという。

「小木さんは森山さんの自宅にわが家のごとく入り浸っていました。リビングのソファでふんぞり返り、森山さんのスエットや寝間着を着用するのは日常。そこに自分の友人まで呼び、どんちゃん騒ぎもしょっちゅうでした。次第に息子の直太朗さん(40才)の部屋まで占領し始め、“こんな生活は嫌だ”と彼は出て行くことになりました(苦笑い)」(小木を知る芸能関係者)

 森山の母(故人)が「あの人はうちを乗っ取りに来た」と愚痴ったほど、小木は森山宅で好き放題してきた。過去、深夜ラジオで小木と森山が共演した際、こんなやり取りがなされている。

「老婆は寝る時間だろ! クソババア」(小木)
「この人自分からは何もしてくれないんです。(娘夫婦と一緒に)ディズニーランドに行った時、何か持って行くものない? って聞いたら、“良子さんはお金だけでいいから!”って」(森山)

 もちろん冗談を含めての応酬だが、リスナーがヒヤリとする言葉の数々。森山はこんな義理息子となぜ二世帯同居を選んだのか。前出・芸能関係者が語る。

「小木さん夫婦が望んだことなんです。森山さんは2人目の夫と離婚後、ずっと独り身です。まもなく古希を迎えますし、一緒に住んで面倒を見たい、と奈歩さんが希望し、小木さんも快諾したそうです。長女も4月から小学3年生で、手のかからない年頃だということもあり、このタイミングで同居に踏み切ったのです。森山さんと小木さん、実はめちゃくちゃ仲いいんですよ。口が悪いのは、森山さんへの畏敬の裏返しというか、彼の中で“スゴい人の娘と結婚しちゃったな”っていう引け目があって。おれはビビってないぞ、という強がりでああいう言い方になっているんです」

 冒頭の大豪邸は、こうした夫婦の意向をありがたく受け入れて、森山が建てたものだった。

「建築に際し、小木さんも1億円ほど出したそうです。メディアの外ではちゃんと“義母孝行”してるんです」(別の芸能関係者)

 さっそく新居付近のスーパーではこんな風景が目撃されている。

「森山さんと小木さんが一緒に買い物していたんです。健康食品をカゴに入れる森山さんに、“良子さん、いつまで生きようとしてんのよ〜”って。ふたりで爆笑していましたよ」(近隣住人)

 4月初旬の昼下がり、新生活について話を聞くべく森山宅を訪れると、「うふふふ。事務所通してくださいね」と、ひと言話すのみ。だが、その声はどこか嬉しそうだった。

※女性セブン2017年4月20日号